フォト
無料ブログはココログ

主に里山

2011年1月 3日 (月)

岩岳からのQSOパーティー

 今日も良い天気になり、今年2回目の山は丸森の岩岳です。駐車場から30分ほどで山頂にいけます。一回りすると2時間かかるので山頂往復です。昨日からQSOパーティーもあり山頂からコーヒーを飲みながら1時間ほどで19局QSOしました。HFのコンディションは、SSNは昨年12月にはゼロの日が1週間ほどありましたが、今日は38、今月の平均は29でだらだらと上昇する予想ですが期待できそうもありません。そういえば100年に一度の減少はどうなったのか、サイクル24の今後が気がかりです。

Img_1 Img_2 Img_3

2010年12月20日 (月)

黒森山への道

 私が黒森山へ行くきっかけは何だったのかは思い出せませんが、新ハイキング社の単行本「阿武隈の山を歩く」もあったような気もします。発行は平成13年12月です。最初は本の内容は別として表紙を気にかけていませんでした。しかし、よく見ると表紙の写真は丸森の次郎太郎山です。山の本でこの辺の山が表紙を飾ることはないと思います。早速出版社に電話をして四方山から行ったことを聞き私も行ってみたのですが、その当時は一部で獣道もありませんでした。表紙の写真は現在では木が大きくなりこのアングルからは写真は取れません。本の写真と先日私の歩いたGPSの軌跡を載せてみました。

Photo Scan10017

2010年12月15日 (水)

初日の出を見ませんか

 今日初雪が降りました。朝から初雪の予報が出ていました。12月も半分そろそろ新年の行事の予定が来ています。私がお付き合いをしている阿武隈山地の遊歩道整備にかかわっている団体「里山ひろば」「http://kasi.blogzine.jp/satoyama/2010/12/post_6633.html」主催の里山の深山で初日の出を見る会が来る1月1日に開催されます。今年は明け方から雪が降り山頂では吹雪となり早々に下山しました。写真は今年の日の出を見る会でしたがあいにくの雪で来年に期待です。

Img_11 Photo

2010年12月13日 (月)

黒森山とかもしか

 先日の黒森山でのカモシカは前に四方山で見たのと同じものなのかと思います。昨日最初に見つけたときはこちらをじっと見ていたのですがその後にゆっくりと去っていきました。写真はその後ろ姿です。ちょとわかりにくいかな。途中の道にはこんなところもあります。これでも以前よりは良くなりました。当初は背丈ほどの笹が一面に生えて本当に藪に入っていく状態でした。そのほかは雑木林の中と杉山の中などで歩きやすいところです。もう一枚は前にお知らせしたパノラマ写真です。黒森山からのパノラマをPCで作成したものです。

Img_2 Img_3 1

2010年11月25日 (木)

蔵王のお釜と日の出

 蔵王町の観光写真募集のチラシを見ることがありました。その中の入賞作品に今年の夏に蔵王で撮った写真と似たような写真がありブログにあげてみました。50ミリ換算で55ミリから300ミリレンズです。刻一刻と太陽が昇る中でどのようにすればよいか迷いながらとりました。だめだったからもう一度はないもので  この日も、朝3時頃に家を出て蔵王に行きました。8月に3回通い3度目の正直でした。もう一枚は今朝の太陽です。連日寒さが続き風もないために川霧、盆地霧が続いています。この霧も北は柴田町の境では少なくなり川面から霧が出ている程度になります。太陽の表情も様々です。

Img_1 Img_2 Img_3 Img_1_2

2010年11月 6日 (土)

久しぶりの山です

天気が良くなり久しぶりに山に行きました。高いところはもうだめです。そんなわけで今回は白石市と国見町の境の萬歳楽山と桑折町の半田山に行きました。萬歳楽山は信仰の山でも山の中腹には大日如来岩があります。半田山は1等三角点の山でふもとには半田沼があります。紅葉は山頂では終わっていました。帰りにうぶかの郷で温泉に入りかえってきました。福島も盆地霧が多く角田は霧はわずかでしたが阿武隈川を上るにつれ霧が濃くなり山の登る途中からは見事な雲海が見えました。帰りはわざと山道を帰り小田川源流の碑を見て帰ってきました。

Img_ Img__2 Img__3 Img__4

その他のカテゴリー