フォト
無料ブログはココログ

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

地質標本館見学会

 つくば市の産業技術研究所(産総研)内に地質標本館があります。今回、地図倶楽部主催の見学会があり行ってみました。ちょうど大人の休日倶楽部割引切符の期間と合ったこともありました。

 産総研の展示室と地質標本館は以前行っていますが説明を聞くこともないの特に地質標本館は流して見ていた感じです。今回は日本列島の立体地図とプロジェクセョンマッピングの説明がありますとのことでした。このような施設には説明員もいますが今回は館長と担当者の説明でした。

 聞いてみるとなるほどと思いました。最初はこれまで見逃していたものです。入ってすぐの天井に日本列島を下から見上げて、ところどころに大小さまざまな白い球がありますが、球は地震の震源地と大きさを表しているとのことです。

 次は活断層の説明、糸魚川、静岡構造線の中にあるもの、また地層の褶曲の説明でした。今日はここまで

Img_0233 Img_0239 Img_0240

 

2019年11月29日 (金)

最低気温記録更新?

 今朝の丸森のアメダスの最低気温は-5.7℃、これまでの11月としての最低気温は-5.6℃でした。このままいくと記録更新です。記録した時刻は午前6時27分、ちょうど白鳥の写真を撮っている時間でした。

 今日も、日の出のところに雲がありました。振り返ると蔵王がピンク色に染まっていました。週末の天気はまずまず、楽しみです。どうしても同じアングルの写真になってしまいますが我慢してください。

Img_3611 Img_4948

2019年11月27日 (水)

寒い朝は

 今朝の最低気温はー2.2℃まで下がりました。寒いと良い風景が期待できるので河原に行きます。昨年の冬は4人ほど集まっていたのですが、今はまだ二人だけです。東のほうに雲があり気になっていたのですが、残念 お日様が出るところに雲がありました。気温が下がり毛嵐は出たのですがこれが天気です。なかなか良い天気に会えません。寒さも忘れてファインダーを眺めていました。

あまり良いものではありませんが

Img_3586 Img_4842

2019年11月24日 (日)

宮城県最高点

 月間「地図中心10月号」の特集が都道府県最高点探訪でした。宮城県の最高点は蔵王の屏風岳です。このことについて、朝日新聞の宮城版に載っていて、ウーメラさんのブログでも紹介されていました。今日、知人から新聞記事をいただきました。本は毎月取っています。

 最高点探訪は、県、市町村など面白いと思います。角田市は昭和29年に1町6村が合併しましたが、行っていないのは北郷だけです。北郷はたしか郡堺トンネルの尾根沿いの少し東の三角点だったと思います。ウーメラさんは三角点であることから行っていると思います。機会があれば行ってみますか?

 10月中旬から腰痛になり、最近よくなったと思えば今度は少し歩くと足に痛みが走ります。そのため、少しおとなしくしていました。よくなれば行きたいところがたくさんあります。

 とりあえず本の内容です。

Photo_20191124214401

 

2019年11月23日 (土)

自然薯収穫祭

 いきいき交流センター大内で今日と明日、自然薯収穫祭が行われます。大内には週末、特別事情がない限り焼き魚を買いに行きます。今日は収穫祭もあったというわけです。10時からは自然薯とろろ飯、限定500食がありましたが早めに行ったので、始まるころには帰りました。テレビも数社来ていました。NHKも取材していてお昼のニュースを見るとほんの少しだけ私が映っていました。

 生産者は10数件、台風にも負けずに収穫祭でした。時間が進むにつれてお客さんも増えてきました。

Img_3570 Img_3567 Img_3568

 

2019年11月22日 (金)

冬日の朝

 今朝は今秋、初めての冬日になりました。最低気温はー1.5℃、朝東の空には雲もありましたが冷え込んだので良い写真を期待していきました。しかし、日の出の時間を過ぎても雲がありNG、仕方ありません、お天気なので
こんなもので

Img_3548 Img_3564

2019年11月21日 (木)

気候変動対応策講演会

 最近セミナーとかに多く参加しています。今日も講演をする方からの案内で講演会に行ってきました。

内容は、講演1「激甚化する気象災害~2100年未来の天気予報」、事例発表2件、講演2「気候変動の影響と適応策」でした。

メインテーマは、地球温暖化の対策をしないと、温暖化に対しての対応です。先日も2100年未来の天気予報について触れましたがぜひ見てください。

11121

2019年11月19日 (火)

白鳥の季節

 朝の天気も良い日が続いていません。理想は冷え込んで毛嵐が立ち太陽の光が弱くなる時ですが、ここ何度が行っていますが良いのは1回だけです。これまでのところは川の流れも変わり数も少なく状態は良くありません。そのために場所を変えて追っています。少し遠くなったので仕事の日は少しきつくなりました。

Img_4614

 

2019年11月18日 (月)

2100年未来の天気予報

 台風19号では甚大な被害が発生しました。台風の勢力については海水温が大きく影響していますが、地球の温暖化によりこのような台風は特別のものではなくなります。

 環境省は「2100年未来の天気予報」の新作版を発表しています。その中で台風は870hPa、最大風速は90m/sと言っています。私はその時はいませんが一度ご覧になってみてください。

2100

 

2019年11月17日 (日)

防災気象講演会

 防災気象講演会が開催され聞きに行ってきました。来月私の地区で台風19号に関して災害や避難に関して検証を予定しています。その計画をしていることもあり行ったものです。月曜にあったセミナーとも重複しますが関係者に行く約束もしていたので、講演会の様子はNHKのニュースでも放映されていました。

東北地方整備局のスライドの最後のものです。川のそばいるものとしてその通りです。

・災害は想定通り発生しない。

・毎年、全国各地で大規模水害が発生

・ハード対策には時間がかかる

・地域特性を考慮した対策や避難訓練等を繰り返し継続していくことが大切(日頃の構え)

・できる限りいろいろな被害状況をイメージーし、大規模水害の発生が予想される場合は命を守る行動をとる(早めの避難行動等)

Photo_20191117210901 Img_0184 Img_0190

2019年11月16日 (土)

ねぎまつり

 今年は台風19号の影響で農協祭などが中止になりましたが、ねぎは被害も少なかったこともあり「第4回ねぎまつり」が行われました。直売所で1000円で券を買い圃場へ、圃場で袋と引き換え袋いっぱいつめ放題です。私の家ではこれで一冬間に合います。一人二袋までで友人に頼まれた方とかたくさんのねぎを袋いっぱい持ち帰りました。

 お祭りは明日も開催されます。

Img_20191116_0001 Img_3481 Img_3510

2019年11月14日 (木)

冬の訪れ

 各地で雪の便りが伝えられています。気象衛星の画像でも日本海には筋状の雲が見えてきました。昨年最初に雪を見たのが11月23日でした。こちらもまもなく雪の便りがあると思います。

 被災地には厳しい季節になります。

11114

2019年11月12日 (火)

日本列島の地下構造

 台風19号から1か月になりました。テレビでは各局とも特集がありました。災害は気象災害とともに地震がありますが、いつだったか忘れましたが愛知県沖が?、震源で丸森が一番揺れた地震がありましたがその震源イメージがわかりませんでした。先日の震災対策技術展の東北大学地震・噴火予知研究観測センターのブースでVRシステムで3D体験で震源地の様子を見ました。なかなか面白いものでした。センターが監修しているユーチューブを見るとだいたいこんな場所かなわかるものがありました。だいたいですが丸のしるしをつけてみました。

Photo_20191112201301

2019年11月11日 (月)

震災対策技術展

 仙台市の国際センターで世界防災フォーラムが開催されています。これに併せて震災対策技術展が開催されていたので行ってきました。今回で10回になりますが、かなり参加しています。昨年はNHKの取材を受けたところが放映されました。今年の様子はTBCで放映されました。

 展示は震災対策が多かったのですが、セミナーは台風19号の被害があったことから、台風に関してのセミナーがあったのでそちらを聞いてきました。

 一つは、東北総合通信局の取り組み、二つ目は、河川の防災情報等について(国土交通省)、三つめは、大雨による風水害から命を守るために(仙台管区気象台)、四つ目は急遽追加された、台風19号丸森(阿武隈川)における現地調査報告(東北大学)でした。一つ45分、4本聞きました。河川情報についてはこんな情報もあるのと参考になりました。質問者からPCとスマホも持たない高齢者に対しての対策についてありましたが課題として認識しているが対策はこれからとのことでした。

 展示はこれまでと比較して少ないようでした。その中で角田市も含め数市町のハザードマップもあり一部いただいてきました。

 Img_0169 Img_0170 Img_0159 Img_0166

2019年11月10日 (日)

被災地の案内

 今日は気象関係者の方を角田・丸森の被災地を案内しました。立場が違うと視点も違います。被災された方のお話も聞くことができました。

 結論ではないけれども、自分ことは自分で守るしかないと思いました。

 あぶくま駅周辺は線路上の土砂は片付いていました。しかし、ホームは流され大きな石がありました。トンネル側は水で路盤が流され、ホーム側は土砂で埋まった感じでした。

 駅にはネコがいますが、どちらの方かは存じませんがえさを与えていました。

Img_0131 Img_0135 Img_0136

2019年11月 9日 (土)

初霜・白鳥さん煙くないの

 今朝の最低気温は0.6℃、寒くなりました。白鳥を見に行った時、足元で白いものを見つけました。初霜でした。

 ここ数日天気も良かったことから、台風で寄せ集められた稲わらを処理するためにいたるところで燃やしている煙が上がっていました。その近くでは田んぼで白鳥がえさを食べていました。風向きによっては煙が来ますが煙くないのかなあ? ピントが後ろに合ってピンボケです。

Img_3425 Img_3436 Img_4393

2019年11月 8日 (金)

三角森(新城山)へ

 大森山の南にあるピーク三角森(地元の呼称、一般には新城山)に行ってみました。仙台の局が先日大森山に来て三角森を目指しましたが断念したことを聞いていました。

 大森山までは3ルートありますが、今日は旧クレー射撃場から登りました。ここからのルートは一昨年の大雨で土砂崩れがありましたが復旧していないために利用していないこともあり荒れていると思います。

 今回の台風ではこれまで被害のないところでも道が寸断されていました。土砂崩れはさらに大きくなっていました。防火帯を兼ねた道は草が生い茂っています。さらに進むと三角森です。ここから小斎峠に向かう途中で藪を漕いでいくと砂利取場の上に出て展望が開けます。

 今日は剪定鋏をもって竹などを切っていきました。

Img_0047 Img_0069 Img_0078 Img_0079 Img_0086

2019年11月 7日 (木)

渡り鳥の調査

 渡り鳥の調査があったとニュースで行っていました。阿武隈川はどのように実施ているのかはわかりませんがだいぶ多くなりました。

Img_4161 Img_4208

2019年11月 6日 (水)

完工写真コンクール・船下りも再開

 丸森町で観光写真コンクールが台風前から開催されていました。通りがかりだったので寄ってみました。写真を楽しむ会の方、2人も入賞していました。写真をみてから阿武隈川の船下りも再開して船が出るところだったので写真を撮りました。ニュースでも知っていましたので

 震災に伴う原発事故によりお客様が減少、やっと戻りかけていた時の台風の被害です。お手伝いは乗ってあげることです。なんとか乗れないか考えます。

Img_3349 Img_3335 Img_3348

2019年11月 5日 (火)

あぶくま駅の被害

 昨日はあぶくま駅も見ました。何もなければ簡単に行けますが道が寸断されていて小田地区、大張地区、耕野地区通ってやっと行きました。途中では土砂崩れや道路の崩落もありました。写真では見ていましたが大変な被害です。駅の近くの沢も普段はわずかの流れですが上流では土砂崩れもあり流木もありました。

 私たちの阿武隈急行、復旧の見通しは立っていません。

Img_3360 Img_3361

 

2019年11月 4日 (月)

白鳥も増えてきました。

 台風後、慣れないことをしたせいか腰痛に悩まされています。それでもいくらか良くなったかな?

 今朝、食事前に白鳥を撮りに行きました。急に多くなった感じがします。しかし、阿武隈川の水量が多いせいかいつものところにいないために写真を撮るにはよくありません。それでもこんなものを

 三連休、学校の恩師、同級生が亡くなり葬儀が続きましたが、腰痛をこらえながら時間を見つけては丸森町を回ってみました。その際何人かの知り合いの方とあってお話をしました。  

Img_4077 Img_3981 Img_4001

2019年11月 3日 (日)

鴨もたまには

 白鳥は少ないのですが鴨はだいぶいますが、すくに逃げてしまいます。この時は逃げずに羽ばたいでいました。洪水で水たまりが残ったところにいました。

Img_3890

2019年11月 2日 (土)

毛嵐の阿武隈川

 台風などで雨の多かった10月も終わりました。朝晩は気温も下がってきました。白鳥はほんのわがかですが被害を受けていないところを見るといつもの風景になりました。

 日の出前の川に行ってきました。川に沿った道は洪水の影響を受けて荒れている所、泥が溜まっている所もあります。例年白鳥がいるところにはまだいませんでした。

Img_3226 Img_3869

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »