フォト
無料ブログはココログ

« カモメが田んぼに | トップページ | 小斎峠 S29年 »

2017年6月14日 (水)

阿武隈川の変遷

 阿武隈川は過去に何度も大きく流れを変えています。ちょっとしたことからその辺を調べています。そんなことから、昨年仙台市博物館にある1645年の絵図を見てきました。その絵図とても大きく壁一面に表示されています。写真はその一部ですが現在風に北を上に下ので文字が逆さになっています。
 
Img_6433
 
 川の流れが、大きく蛇行しているのがわかります。
 また、文献を見ていると、町村境が決まったのが、仙台藩では寛永の検地であることがわかりました。寛永は1624年から1643年なので概ねこの絵図時期と同じです。このことから、藤尾地区の佐倉字中島は当時川の西側にあり桜村だったのがこの絵図からわかります。
 わかりにくいのですが、枝野の中島は逆で川の東側にあったようです。

« カモメが田んぼに | トップページ | 小斎峠 S29年 »

コメント

みなみさま。
こんばんわ、ももで~す。
昔の伊具郡は広かったのですねえ。
今じゃあ丸森町しかありませんけど~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567648/65411657

この記事へのトラックバック一覧です: 阿武隈川の変遷:

« カモメが田んぼに | トップページ | 小斎峠 S29年 »