フォト
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

イリジウムフレアが撮れた

 やっとイリジウムフレアの写真を撮ることができました。今日の午後6時過ぎにイリジウム衛星が立て続けに飛んだことでやっと撮りました。イリジウム衛星は1300kmくらい離れていてなかなか見つけにくいことがあります。今日はイリジウム86が6時4分48秒に、その後イリジウム90が6時8分7秒にイリジウムフレアなりました。二つの衛星ともほぼ同じ軌道を飛んでいたので最初の衛星はだめでしたが次の衛星が撮れました。

 イリジウム衛星も国際宇宙ステーションと同じく衛星から光は出ていません。地上が暗くなり、衛星軌道上は太陽が当たっているために光が反射しているときだけでわずかな時間見えるのです。しかも、イリジウムは衛星が小さく、高度も高いため探すのに大変です。

衛星はこんなもの、ウィキペディアから

800pxiridium_satellite

軌道要素

Img_20131130_0001

 F5.6、ISO1600、1分16秒開放です。見えている時間がわずか、広角では細い線になるために望遠にするとカメラの方向を定めるのが大変ですが何度かトライして慣れるしかないと思います。

Img_5662

2013年11月29日 (金)

アイソン彗星は?

 今日のニュースの中心はアイソン彗星でした。太陽に再接近し戻ってくる?、以前から太陽の引力と熱で粉々になりなくなるのではないとの話はありました。私もまもなく見えるとの期待はありましたがたぶん無理と思われます。夕方書店に寄りましたがアイソン彗星関連の本もたくさんありましたがどうなるのでしょうか、国立天文台のホームページからです。

2


Photo

 今日の雲ではありませんがどうしてこのようになるのかわかりません。Tの字の雲です。

Img_7642

2013年11月28日 (木)

化粧直しもまもなく終了

 台山公園にあるHⅡの実物大ロケットの化粧直しもまもなく終了します。化粧直しのための足場も半分ほど解体が終了しています。まもなくきれいになったロケットになります。来週は12月、この公園にクリスマスのための飾りつけも始まります。一足早く観光物産協会の12月1日付けのチラシを頂いてきました。

Img_5599


Img_5608


Img_5612


Img_5613


Img_20131128_0001

2013年11月27日 (水)

手代木沼の白鳥

 日曜日は最後に手代木沼に寄りました。白鳥ではなく別のアングルを探しにですがちょうど白鳥が飛び立つときでした。近くには三脚にカメラと望遠レンズをつけて白鳥を追っていた人がいました。良く考えると白鳥を撮るためには改めてよい場所です。沼は東、北、西の三方には山がありその方向には飛び立つことはできず南の方面だけになります。そのために土手の少し飛び立つ方向からずれた場所が最高です。阿武隈川のように距離も遠く大変ですが私にはこちらが会うような気がします。

 今回は手代木沼の白鳥です。

Img_5570


Img_5582


Img_5575

2013年11月26日 (火)

阿武隈川の白鳥

 23日の土曜日遠くで白鳥の泣き声が聞こえたので阿武隈川へ、数は70羽程度ですがやっとまとまった数の白鳥です。川の対岸から撮っていますのでこんなものですが、阿武隈川と白鳥と遠くには蔵王です。今回カメラを変えましたのでオートフォーカスは早くでよいのですが望遠は短いので写真はこんなものでした。真っ青の空を飛ぶ白鳥の絵が好きです。

Img_0104


Img_0110

2013年11月25日 (月)

耕野の道しるべ

 丸森町耕野地区で発行したマップの中に4山に名前があり鎌倉山の帰りに上り口がわかればと思い軽トラで走りました。山の名前は、物見石、大桜山、大高丸山、登花山です。これまでは阿武隈川沿いくらいしか走らないのでよくわかりません。そんな中で所々に道しるべがありました。次はこの道しるべ参考に山に行きます。先日行ったときは心は干し柿の里、所々で柿もぎをしていました。また、八島商店には柿と紐の干し柿のセットが売られていました。

Img_7636


Img_7639

2013年11月24日 (日)

鎌倉山

 ブログ載せていない山へ 今日は鎌倉山です。いつものコースではなくBJDさんと車2台で上り口と降り口別しました。いつもは佐野から登っていますが今日は黒佐野から登り南平に降りました。山頂では南平地区の方と会いました。地区の第36回羽山まつり(地元では羽山と呼んでいます)で登って来たようです。その中に知り合いの方がいて下山したら下で豚汁を用意しているので寄るように言われましたのでご馳走になってきました。

Img_5567


Img_5524


Img_5517


Img_5533


Img_5536


Img_5550


Photo

2013年11月23日 (土)

権現堂からの日の出

 角田のきれいな日の出の風景を探しています。なかなか良い場所がなく、今朝は権現堂に行ってみました。太陽の昇る方角からよくないのはわかっていたのでが行ってみないとわからないと思いいってみました。

 予想どおり手前に山がありBFです。

Img_5473

 一方蔵王はきれいに見えました。薄いピンク染まるほんの一時の蔵王の色です。

Img_5480

 また、おもしろい風景です。早朝から様々なものを燃やす煙ですが上空に登らず横にたなびき変わった雰囲気です。

Img_5486

日の出の良い風景を撮らなければならない期限がまもなく?迫っています。帰ってから地図とにらめっこしながらまた良い場所を探します。

2013年11月22日 (金)

みえないアイソン彗星

 今朝は早く起きて霧もないので話題のアイソン彗星を探しましたが見つけることはできない、見えませんでした。高度が下がって、時刻が遅くなり空が明るくなっているのでしばらくは無理です。次の機会は太陽の近くを通って離れてから見えるようになる12月なってから期待しますが、太陽の表面から約120万Kmまで近づくために壊れないことを祈ります。空は朝の5時40分頃です。

Img_20131122_0001


Img_5455

 朝のカリブ方面がFBです。グレナダから出ている日本人とできました。ホームページあるグレナダ写真です。写真中立っているのは10MHzのバーチカルアンテナです。

581f81e60932c90ca9b301a4a5464e4d

2013年11月21日 (木)

宇宙クリスマス

 コスモハウスのクリスマスの打ち合わせがありました。今年は12月22日(日)と23日(祝日)です。毎年イルミネーションも増えてきれいになっています。今年はどうなるのか楽しみです。

 楽しみですが飾りつけは私たちがしますが昨年は雨の中、やはり天気がよくなるの祈るしかありません。観光物産協会のホームページもご覧ください。写真が同じなのは私の撮った写真を使用しています。別のものにも使われる予定です。

http://www.kakuda-kankoubussan.jp/index2.htm

写真は昨年の様子とスタッフ用に今日配布になった缶バッチです。

Img_3430


Img_7606

 DXはFBで今朝は見込みより早くセントビンセントと交信、同じくカリブ海のセントマーチンとも交信できました。今週末はWWDXCWがあるために珍しいところに行っています。

セントビンセントのロゴです。

J88hl

2013年11月20日 (水)

道がつながっていない

 山を歩くときに頼りになるのが国土地理院の2万5千分の1の地勢図です。新しい道路も入っていますが先日山に行くときに通った鈴宇峠は描かれていませんでした。しばらく前に開通しているのでがいつ直るのかと思いました。以前は紙の地勢図を買っていましたが現在はホームページから印刷して使用しています。

 ここの峠からの展望は良く角田方面が良く見えます。霧の盆地撮影のひとつにしたいのですがちょっと遠いのが難点です。

Photo

角田方面

Img_7588


峠近くから見た五社壇と地蔵森、五社壇に北から登るルートはかなりきついのぼりです。

Img_7586

無線の次のターゲットはカリブ海のセントビンセントです。12月1日までいるようなので私にも順番が回ってほしいものです。

2013年11月19日 (火)

霧の角田

 11月は霧の季節です。今朝は昨夜雨が降り西風が吹いていたため霧にはなりませんが月曜日まで霧の朝が続きました。16日の朝も霧が出ていたため四方山へ霧の風景を撮るために出かけました。少し陽が高くなりましたが蔵王に雪も降りきれいになりました。

Img_5375


Img_5371


Img_5396

 船岡公園の観音様は霧の上です。

Img_5372

  DXペディションはにぎやかです。ドイツ人グループのバンラデシュとアメリカンサモアは交信しましたが南アフリカのスワジランド相性が悪くまだです。絵はバングラのHPから

S21zbc

2013年11月18日 (月)

:権現堂

 権現堂は角田市笠島にある2等三角点の山で262mあります。昨日は丸森と新地の境の山2山を登った後でしたが西根の方面に出かけました。土曜日から撮影ポイント探していました。台山公園のロケットは現在化粧直し中ですが、わけありでロケットの上に日の出の太陽を撮れないかと思い場所を探していました。現在の日の出の方位角は116度、ロケットから116度から120度の範囲でロケットの反対側の場所を探していました。

 適当な高さの丘はありますが木があって見えません。田んぼの真ん中では長泉寺の山の木が高くて西側からはロケットが見えません。それならばと権現堂まで登りましたが今度は山頂直下の東側には大きな杉の木が角田側の展望の邪魔をしています。

 一度はどんなものかチャレンジして見ます。下の道から標高差100mを一気に上ります。疲れますがどんなものか

 そんなわけで権現堂からの写真ですが午後でもあり蔵王はかすんでいたので撮りませんでした。結局昨日は3つの山を登りました。

Img_7597


Img_7592


Img_7593

 三角点はお堂の裏手の草の中、まだリンドウも咲いていました。

Img_7591


Img_7598


2013年11月17日 (日)

五社壇・地蔵森

 今日の山は以前に行っている山ですが、BJDさんが行っていない、ブログ開設前に行っているためにブログに載せていないこともあり天気も良いので行ってみました。鈴宇峠に軽トラを置き歩き始めます。いつからか新しい案内板が要所にありました。最初はコンクリート舗装ですがすぐに砂利道、晩秋の里山を歩きます。途中からは道を外れて間伐の済んだ尾根道を歩きます。しばらく歩くと福田峠からの合流も点を過ぎると五社壇の山頂です。阿武隈山系の南の山は鹿狼山以外は山頂からの展望はなくここも展望はありません。

Img_7563


Img_7565


Img_7566

Img_7567_3


Img_7568


Img_7569


 歩いた時間が短いので次は地蔵森です。福田峠から道はあるのですが山頂近くまで道があるので軽トラで行って歩くのは次の機会に、だいぶ登ったところに鳥居があり、ここに軽トラをとめて歩きます。林の中を歩くと山頂です。山頂には神社の建物があります。付近は草も刈り払いされていますがここも展望はありません。三角点は建物の裏にあります。ここから小斉峠までの尾根道もあります。ここで古い案内板を見かけました。

Img_7576


Img_7581


Img_7577


Img_7578


今日歩いたGPSの軌跡です。

Photo




2013年11月16日 (土)

気象台の親子教室

 コスモハウスで親子の教室を開催していますが今日は仙台管区気象台からきていただきました。今年の2月に一度来ていただきましたので2度目になります。大きな項目は前回と同じ、空気の重さと太陽風車です。

 今年は台風が多く気象衛星ひまわりの画像1ヶ月分を数分に縮めたものを最初に見てその後に空気の重さの実験です。実験の内容は前回から少し変わりました。重さのほかに気圧の関係の実験です。

Img_5409


Img_5414


Img_5417


Img_5428

 その後は太陽風車の製作、今日は風もなく太陽が出ていたので電球の後は本当に太陽に当てて風車が回るのを確かめました。

Img_5434


Img_5435


2013年11月15日 (金)

次郎太郎山から

 先日ちょっと時間があるとき久しぶりに次郎太郎山に行ってきました。山頂付近は山火事により木がなくすばらしい展望ですが角田方面は展望はありません。山頂に向かう林道の途中からだけです。ここも木が大きくなるとだめですがしばらくは大丈夫です。

 角田方面

Img_5346


Img_5341

ツボケ山方面

Img_5350

蔵王

Img_5353

2013年11月14日 (木)

寒さも今日まで

 今朝の最低気温は-2.5℃まで下がりました。散歩から帰っても我が家の温度計は-1度でした。蔵王は山頂まで見え、まるで真冬の景色でした。昨日見つけたかまきりは今朝も日向ぼっこ、帰ってきてみるといませんがどこにいるのでしょうか

Img_7558


Img_7557


Img_7560

 今日の写真ではありませんがこんな雰囲気はいかがでしょうか

Img_0040

 フィリピンに上陸して大被害をもたらした台風30号関してJAMSTECに関連のコラムがあり秋の台風について概況が次のように記載されていました。画像もホームペページから

今秋の台風の概況

 今年の秋は北西太平洋での台風の発生数が多い。平均的には9月は4-5個、10月は3-4個程度、発生することが知られるが、今年は9月に8個、10月には6個、11月現在(13日)2個発生しており、9月以降現在までの通算では過去最多の記録である。

 画像は、台風の予測例:2012年8月25日沖縄を襲った過去最大級の台風15号のシミュレーション結果BolavenのNICAM3.5km実験(雲水混合比と流跡線)

Fig01

2013年11月13日 (水)

カマキリの日向ぼっこ

 寒い日が続いています。つい1ヶ月前は30℃を超えていました。フィリピンの台風30号の被害も連日報道されていますが地球温暖化により台風の被害が増加するということも言われていますが、日本の天気も大きく振れています。

 今朝も丸森町の次郎太郎山の山頂付近も少し白くなりました。一方我が家の犬走りのすぐ上の陽の当たる暖かいところにカマキリが日向ぼっこをしていました。今(午後10時)の外の気温は0℃まで下がりました。明日も寒い朝になるようです。

Img_0096


Img_7556

2013年11月12日 (火)

寒い一日・干し柿

 今日は寒い一日でした。蔵王にも雪が降り白石スキー場のコースがわかるほど降りました。朝の散歩も真冬の装いにしました。写真は朝の蔵王です。高層天気図では平地でも雪の降りやすくなる目安である850hpa天気図で-6℃のラインが東北地方の南部まで降りています。

Img_7553

 高層天気図は今朝の9時の850hpaの天気図で-6℃ラインを青で示しました。

Img_20131112_0001

 干し柿作りも寒い中でしました。今年は柿の実は数が多いのですが小さくて手間の割には割が合いませんが、それでも200個ほど干しました。しばらくすると食べられるようになりますがとても食べ切れませんほしい方はどうぞご連絡ください。

Img_7554

2013年11月11日 (月)

ローカル鉄道・阿武隈急行

 昨日NHKBSで東北ローカル鉄道のたびという番組がありました。阿武隈急行の福島から兜駅までの紹介でした。撮影日は9月29日でした。この日は東京からの帰り道の電車、保原から撮影チームが乗り、梁川希望の森公園前で降りました。何の撮影かもわからず見ていましたが、カメラを持っていたのですが写真を撮らなかったのが残念でした。番組では宮城県内の紹介はありませんでした。

Img_5362


Img_5363


Img_5366


Img_5360

 阿武隈川にも白鳥が来ました。まだ数は少ないのですがこれから増えていくと思います。

Img_5338

2013年11月10日 (日)

DXコンテスト・農協祭

 細々とした用事があったりで合間にDXコンテスト、農協際で終わりました。角田での最大の人出は今でも農協際、特に目新しいものもないのですが抽選券もあり今年も出かけました。天気の予報が芳しくないので早々と出かけました。ここ数年買っているのが角田市の姉妹都市北海道の栗山町のかぼちゃです。とてもおいしいので毎年買っています。

Img_7549

 久しぶりのDXコンテストに出ました。コンテントの日に出かけるなどなかなか日程が合わず今日は久しぶりです。時間は短かったですが交信した国ですがこんなものです。

7MHz ロシア、チリ、インドネシア、アメリカ

14MHz オーストラリア、アルゼンチン、フィリピン、ウルグアイ、グアム、アメリカ

21MHz ポーランド、ロシア、ハンガリー、インドネシア、イタリア、クロアチア、フランス、   ウクライナ、イギリス、パラオ、アラスカ、アメリカ

28MHz クロアチア、台湾、イタリア、ドイツ、オーストリア、ロシア、グアム

 コンテスト以外では、サモア、メキシコ、バナバ諸島、サンアンドレス島、サンアンドレスは3QSOがログに載っていました。にこにこマーク分です。

5j0r

2013年11月 9日 (土)

ブロッケンの朝・冬日

 今朝はいつもより遅く散歩に、丸森のアメダスでは最低気温は-1.1℃はじめての冬日です。いつもより遅いので少し陽が高くなっていました。霧は全部かかっているのではなく所々にあり弱い風で北から南へ移動しています。霧の中になったり外れたりでのんびりと写真を撮りながら歩きます。木の間から霧を当してくる光、最後は私の影にブロッケン現象の輪がかかりました。後ろには蔵王と良いアングルになりました。もう少しブロッケンの輪が濃ければ申し分ないのですが

Img_7526


Img_7528


Img_7541


Img_7544

2013年11月 8日 (金)

ISS目視予想情報再開

 国際宇宙ステーション(ISS)を見るときに利用していたJAXAの目視予想情報が停止していましたが若田さんがISSに行ったためでしょうか11月7日から再開しました。予想情報は他にもありますがJAXAが一番便利なので再開してほっとしています。こちらから見てください。

http://kibo.tksc.jaxa.jp/

Iss

 ISSが見れるようになったので午後6時過ぎイリジウム衛星が見えるので写真を撮ろうとしましたがISSとは違い写真にして見ましたがなんだかわからない写真でした。何度かトライして見ます。

2013年11月 7日 (木)

光と霧

 霧の季節はおもしろい絵が撮れます。昨日も微妙な霧の濃さでした。ブロッケン現象の写真を撮ってみましたが薄くわかりにくい写真です。それでも年に1回あるかないかです。ちょうど今の季節が散歩の時に日の出があり太陽の光の関係でおもしろいものが撮れます。

ブロッケン現象、私の影の周りに薄く光の輪があります。

Img_5321

木の間からの光

Img_5329


Img_5324

最近はDXペディションが多く今もバナバ島から10MのCWに出ています。とりあえず14MのSSBはできました。

T33a

2013年11月 6日 (水)

寒い朝・初霜

 今朝は丸森のアメダスで0.2℃まで下がりました。散歩に出かけるときは2℃くらいでした。歩き始めるときはきずかなかったのですが途中で土手の下を見ると白いものがみえます。下ってみると霜が降っていました。土手の上はないのですが下のほうだけ白くなっていました。全体的に霜があるのではなく限られたところだけでした。

Img_7511


Img_7508


Img_7509

 霧の朝は日の出時間が特にきれいです。何気ないこんな風景も写真にすると、光と霧のコラボまだあります。明日アップします。

Img_7514


Img_7516

2013年11月 5日 (火)

しばらくぶりの夫婦岩

 昨日は午後から雨も上がり遠くにも行けないのでしばらくぶりに夫婦岩に行きました。駐車場から作業道を歩き、しばらく歩くと杉林の中に、ここを過ぎるとコンクリートの丸太で作った階段が続きます。歩幅合わず疲れます。その後は急な坂があり所々に鎖があります。山頂は小石の付いた岩があります。紅葉は良かったのですが曇り空で写真でも色が出ません。

 登りの途中で秋田県から来た3人連れに会いました。前日は鹿狼山、あぶくま荘に泊まり岩岳から夫婦岩に登りこれから帰るため到着は夜中とのこと、丸森の山はどうだったのか気になりました。

Photo


Img_7499


Img_7505


Img_5280


Img_5290


Img_5292


Img_5299

2013年11月 4日 (月)

楽天優勝新聞

 昨夜の楽天優勝は今朝のテレビを独り占めにしました。テレビだけでなく新聞も、今日の河北新報見るとびっくりの一言、こんな構成の新聞は初めてでした。1面と28面が見開きです。河北新報の表示がいつもと違う場所にあり、普通は28面がテレビの番組表のはずですが、こんなことはこれからないでしょう、その紙面どう写真にしようかと考えた結果、サッシに貼ってとりました。今日は午後になって天気が回復夫婦岩に行ってきました。明日アップします。

Img_5275


Img_5277

2013年11月 3日 (日)

イースター島とウェーク島・楽天日本一

 今日は用事があり出かけず合間を見てDXを追いかけていました。昨日から南鳥島の東のアメリカ領ウェーク島、イースター島などが出てきてロ-バンドからハイバンドまでにぎやかになっています。ウェーク島は距離的にも交信しやすく3バンドで交信、イースター島は少し手ごわく1バンドだけ交信しました。まだ現地にいるようなまでどのくらいできるか、バヌアツからも日本人が出てきて交信、コロンビア領のの大西洋の島からも珍局の珍局が出ましたがこちらはどうなるか、明日は天気が悪い予報なので出かけられないときはのんびりと無線機の前にいます。

K9w


Photo

 昨日大森山に写真を撮りに行ったとき切り株のところにきのこがありました。私はきのこがわからないので舘島田の直売所の人に見てもらったところ食べられるものでおいしいきのこと教えていただきました。

Img_0091

 一度書き終えたのですが楽天優勝を追加です。

Img_7477


Img_7475


Img_7487

2013年11月 2日 (土)

霧の中の角田

 今朝は霧も濃く休みと重なったため霧の角田を撮るために山の上へ、今朝は四方山ではなく大森山へ、10月の雨の影響で道が荒れていましたがそこは、軽トラです。霧の上部は50mくらいでしょうか、衛生センターの煙突からの水蒸気しか見えません。山元町側はすっきりと晴れています。

Img_0008


Img_0015


Img_0016


Img_0011


Img_0012

2013年11月 1日 (金)

双葉断層帯に活断層の記事

 今日新聞に双葉断層帯に新たな活断層との記事がありました。双葉断層は3.11の巨大地震後活発になった断層のひとつです。3.11の1ヶ月後にいわき市の西部の井戸沢断層が動きM7の地震もありました。いずれにしても私たちの近くにも内陸型地震の断層があることです。

Img_20131102_0001

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »