フォト
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

ずんだまつり

 今日はずんだまつり、ここ数年行っていなかったのでだいぶ様子が変わりました。いろんな出店が多くなりました。ずんだもちをついて振舞うのは変わりませんが豆やずんだ以外の店も多くなり大変な人出になりました。天気が良かったのも幸いしたと思います。

 今夜半から台風の直撃します。中部山岳地帯を通るため一時よりも弱くなると思いますが注意です。日本の上空5000メートルには時速110kmくらいの南西の風が吹いています。

Img_8293 Img_8295 Img_8297 121700

2012年9月29日 (土)

昼夜平分

 来週からは10月、今年の秋分の日についてふれましたが、秋分の日が昼と夜の長さが同じと思っていたのですが違うようでした。実際は9月27日のようでした。仙台での9月26日の昼は12時間2分、27日がちょうど12時間、9月28日が11時間57分のようです。理由の一つに大気差というものがあるようです。毎日ラジオで明日の日の出の時間を言いますが日の出・日の入同時線の図がありました。秋分の日と、元旦のものがありました。

 今日は青い空に飛行機雲が太くなっていました。また天気は悪くなるようです。写真は今日のではありません。

Scan10288 Scan102891 Img_8227

2012年9月28日 (金)

かくだ!ほろ酔い祭り

 明日はほろ酔い祭りです。Tomさん、BJDさんと3人で歩きます。今年はメンバーが違うので以前のパターンとは違うようになるかもしれません。30日にはずんだまつりやずんだCAFE等もあり賑わうようですがお天気だけが気になります。どうにか持つような気もしますが、一週間前までは連日30℃越えが急に気温が下がり今週始めは最高気温が20℃に届かない日もあり差が大きすぎます。偏西風の蛇行は続いており強風域が日本海沿いに南西から北東に吹いています。大風17号はこの風の流れに沿うようで気になります。

Scan10284 Ts

2012年9月27日 (木)

コンウェイ・リーフ

 3D2Cが出ています。フィジジーから450km離れているために別エンティティになっています。南太平洋のさんご礁です。朝一番に14M SSBでQSOしました。昨日の朝は24M SSBでアメリカの東海岸としました。SSNは高くないのですが秋のDXシーズン到来です。

 今回のペディションのロゴとHPからの島の様子です。

Logo Conway

 

2012年9月26日 (水)

小型衛星放出

 日本時間28日早朝にISSのきぼうから小型衛星が放出されます。この衛星はこうのとりで運ばれたものです。衛星は国内の和歌山大学のRAIKOなどです。衛星の状態はアマチュアバンドの周波数を使用してCWモードで電波を出しておりアマチュア無線家に電波の受信の協力を求めています。放出後軌道情報が公開されます。CWの電波はアルファベットと数字の羅列になりますがこの数字を乱数表から衛星の状態を把握します。

Jssod_2_l Photo

2012年9月25日 (火)

8月下旬から9月上旬の高温

 9月21日気象庁で高温の原因を解説していました。異常気象は偏西風の蛇行が原因ですが、蛇行の原因としてアラビア海からベンガル湾にかけてとその周辺でのモンスーンに伴う積雲対流活動の活発化が一因としていました。また、蛇行に加えてフィリピン北東海上の活発な対流活動や台風の影響を挙げています。基本的にはハドレー循環ですが、

 先日七二候を上げましたが、秋分の初候は「雷乃声を収む」です。夕立に伴う雷がならなくなるころ。で9月22日から27日ころをさしているようです。

 絵は、気象庁の解説の絵です。

Photo

2012年9月24日 (月)

七二候

 秋分の日が今年は1日ずれる事が話題したテレビの中で七二候について触れていました。そのため七二候とはどんなものか調べていました。今日本屋で七二候の本があり買ってきました。日本の季節によりそい人が自然と結びつき暮らす知恵が宿っている。こころ暖まるような本の気がしました。

Scan10283

2012年9月23日 (日)

かかしも雨の中

 降りだした雨は今日は大雨になりました。時には土砂降りになりました。丸森のかかし祭りが始まったようなので雨が降っていたのですが行ってみました。期間はチラシのとおりです。丸森の上滝で左の道に入りあぶくま荘の東側に抜ける道沿いです。去年は150体、今年は200体くらいだそうです。あぶくま荘近くのかかしはゆかた姿です。

Scan10282 Img_8259 Img_8258 Img_8271 Img_2675 Img_2679 Img_2687

2012年9月22日 (土)

116年ぶりに訪れた秋分の日

 今日は秋分の日、9月22日が秋分の日になったのは116年ぶり、23日が秋分の日と思っていたまですが、地球が公転軌道上の同じ地点に戻ってくるのは毎年、6時間程度づつ遅れ4年で約24時間で1日、この調整がうるう年、しかし、わがかの差が蓄積して、今年は秋分点をを通るのが22日午後11時49分なので22日が秋分の日になりました。来年から23日になり2016年も22日のようです。

 コソボはログサーチの結果OKでした。

 絵は科学雑誌ニュートンのHPから

2012

2012年9月21日 (金)

コソボ共和国

 コソボ共和国のZ60KとQSOできました。昨日の夜は18MのCWで追っていたのですがダメ、今日も夜になり18MのSSBで出てきました。最初はほとんどがヨーロッパの局だけ、途中からJAを指定、UP5~10の5K幅で呼ばせていたのですが最初はUP10、なかなか取らないのでUP5で呼んだら運良くできました。後でログサーチで調べます。

Photo

2012年9月20日 (木)

久しぶりの雨

 昨夜から今朝にかけて約10ミリ程の雨が降りました。今朝は野菜の水やりをせずほっとしました。今も弱い雨が降っていています。当分は水やりから開放されそうです。定植した白菜、芽を出したばかりの大根も今朝は元気そうです。

 17日頃から国際呼出符字配列表にないコールが聞こえていました。調べてみるとコソボ共和国です。IARU加盟したのか新たにコールが割り当てられたようです。ヨーロッパが良く聞こえるのは深夜から早朝の時間帯から夕方になりできにくくなりました。クラスターにはQRT?今回は無理のようです。また、ヨーロッパの局がペディションに行くのを期待します。

 還暦の同級会・旅行の打ち合わせを10月6日にいつもの場所で行います。週末には往復ハガキを出します。

 日の出は5時30分頃になりました。今朝のちょっと趣の違う雲と我が家の白菜です。

Img_2672 Img_2673

2012年9月19日 (水)

虹の朝

 昨夜から降りそうで降らない雨、昨夜も蛙が鳴いてきたので期待したが、ちょっと濡れただけ、今朝も道路がちょっと濡れているだけ、その分きれいな虹が見えましたが、時間的には短く東の空が曇り消えました。毎日朝と帰ってから懐中電灯持って定植した白菜に水やり、何日続いたことやら、気象庁のレーダーナウキャストを見ると我が家付近はかすめたり、来る手前で小さくなったり水やりがいつまで続くのか、アンサンブル天気図ではもう少しなのですが

Img_2667 Img_2668 Img_2669

2012年9月18日 (火)

朝の幻日

 夕方に幻日を見ることは何度もあり雲の関係で今日はあるかも?と探すこともありますが早朝に見たのは初めてでした。太陽と雲の位置関係で起こりうることはわかっていても、今回の幻日は特に大きくすばらしいものでした。

 日の入は早くなり帰ってから夕日を見ることは難しく、これからは朝の日の出の時の太陽と雲と霧などのコラボが楽しみです。

Img_2592 Img_2598 Img_2610  

2012年9月17日 (月)

ひまわり畑

 舘矢間ひまわり畑が15日からオープンしました。15日は初日なのでまだお客様は少なくお店も準備しているところもありました。ここの看板にもひまわりは太陽の方向を向くとありましたがお昼近くなのに東向き、我が家の近くのひまわりロードは一日中東を向いていました。真相は?

Img_2621 Img_2622 Img_2623

2012年9月16日 (日)

タワー建設とアンテナ上げ

 今日は丸森のFOV局のタワーの建設とアイテナ上げです。今日は重機が入り私のときと比べて比較的楽です。私は下の方のタワーの組み立て、上のほうとアンテナ上げは丸森の方二人です。とりあえずHFからVHFまでのアンテナが上がりました。

Img_2655 Img_2658 Img_2659 Img_2666

2012年9月15日 (土)

空から地上から

 朝の散歩のとき、私の友人が堤外から飛び写真を撮るためにきました。私が頼んだこともあったもので風も無いため来たそうです。私の近くの堤防の外から飛び立ち丸森の依頼したTomさん宅の上空をから空撮、そして私の家の空撮、そして無事着陸です。

 その後私の家に寄っていただいてデータをいただきました。Tomさんの分はCDに焼きました。

 今日の写真は、飛び立った後、蔵王バックに旋廻、丸森大橋から小斎、枝野のルートで回ってきて着陸です。私は地上からの写真です。

Img_2614 Img_5260 Img_5276 Img_5279 Img_8197

2012年9月14日 (金)

銀河連邦

 銀河連邦建国25周年記念局「8J1GINGA」が出ていて一度交信しています。その時は特に内容は気にしていませんでしたが、はやぶさまつりの前日一部の方で懇親会を開催した際に銀河連邦の話題になりました。今日、偶然に銀河連邦のチラシを見ることができました。JAXAは宇宙関連組織が統合になつたものですが統合前の宇宙科学研究所時代に施設のあった市町が1987年に設立し今年で25周年になったようです。CQ誌の7月号にも記事がありました。写真はQSLカードとチラシです。

 今朝は一度起きたのですが薄い雲があり星がよく見えないのでまた寝ました。HTVは無事任務を終えたようです。

8j1ginga Scan10280lxer

2012年9月13日 (木)

まだ暑そうです

 まだ暑さが続きそうです。今日は朝は霧、夕方はしばらくぶりで蔵王の稜線がきれいに見えました。無線は特に珍しいところもありませんが、アメリカンサモアが出ている程度でしょうか、ナウルからも日本人が出ていました。明朝HTVが可視領域を通過しますが時間が早いので起きれるか? 平日なので 28会の千葉旅行の行程表を明日郵送します。

朝と夕方の写真とアメリカンサモアのぺディションのHPから

Img_2571 Img_2582 Nh8s

2012年9月12日 (水)

エルニーニョが発生

 気象庁の9月10日報道発表ではエルニーニョが発生し冬まで続くらしいとの事です。エルニーニョが発生すると日本では「春…高温」「夏…低温」「冬…高温・少雨」(平年比)の動きが起きやすくなります。また世界規模で見ても穀物栽培地域で少雨・高温などのイレギュラー的な天候になりやすく、収穫量に大きな変動が生じやすい。今後エルニーニョ現象が予想通り冬まで続くことになれば、その影響は大きくなりますが、今年の夏は暑くこれも当てはまらないようですがどうなることか、今日の最高気温は29.3℃かろうじて真夏日にはなりませんでした。

Elsst Pacific

2012年9月11日 (火)

こうのとりを見よう

 HTV こうのとり3号機が ISS 国際宇宙ステーションから13日午前0時50分ころ分離され14日午後2時24分頃に大気圏に突入し大半が燃え尽きます。ISSから分離後の14日午前4時27分頃から見る事ができるかも知れません?、ISSは見えますがHTV小さく非常に微妙です。最短距離でも800km程離れています。NASAのデータによると見え始めは4時27分、南から東南東へ最大抑角は25度です。最初にISSが見えると良いのですがISSの前に来るので探すのが大変です。前回も肉眼ではわかりませんでしたが写真には撮れていました。写真はJAXAからのものです。データはNASAのHPから

Iss032e016906_l Htv

2012年9月10日 (月)

秋の装い

 今日も30度越え、暑い日が続いていますが、すこしづつ秋の装いです。田んぼの稲は今週末から稲刈りが始まるようです。コスモスも咲き始めました。トンボも飛んでいますがまだ赤トンボにはなっていません。一番下の写真に小さくトンボが写っています。

Img_0630 Img_0634 Img_0635

2012年9月 9日 (日)

はやぶさまつり

 今日は第1回こども科学屋台村「はやぶさまつり」です。角田ロケツトセンターの公開日に併せて開催、ロケツトセンターとの間にバスもあり約1300人ほど来ていただきました。予想の2倍くらいです。私は、ハヤブサのビデオ上映、スライドの上映です。時々どちらから来ていただいたのか聞いてみると仙台方面の方が多いようでした。時々ホロスペックスフイルムを通して光を見せました。

Img_2547 Img_2548Img_2549_3Img_2555_3 Img_2552_2   

2012年9月 8日 (土)

はやぶさまつりの準備も終わり

 明日は、こども科学屋台村「はやぶさまつり」です。私の持分は前にのとおりです。子どもに気難しいけれどもハヤブサの話をします。会場のレイアウトは写真のとおりです。ISSの見方はどちらかといえば大人の方から覚えてもらい子どもと一緒に見てもらいたいものです。

 この前の雨から天気の流れが変わりました。土手にはワレモコウの花が咲き始めました。昨日から土手の草刈りが始まりました。刈り終わるとこのような花も全てなくなります。ちょっと寂しいような気がします。

Img_2540 Img_2539

2012年9月 6日 (木)

はやぶさまつりの準備

 今日はお昼頃から雨、その後雨もあがり涼しくなりました。前線が通過したのかと思いましたが、昨日の天気図ではあまり考えられず夜になり天気図を見るとまだ日本海でした。高層天気図では前線は描かれませんが、高層天気図を見て納得しました。先日蔵王に行ったときカメラが壊れ修理に出していたのが出上がり受け取りに行くときの夕暮れの写真です。カメラは古い3代前のものでいつも車に積んでいるものです。

 はやぶさまつりのスライド何人かに見てもらいましたがまあこんなものでしょう、若干手直しをして終わりにします。きりがないので、当日の会場の案内図もやや完成、私は展示室の①が持ち場です。

2495 P9060023 Scan10279

2012年9月 5日 (水)

連続真夏日18日

 今日も暑く連続真夏日が18日と新記録になりました。有難くない記録ですが、8月19日からの連続です。津軽海峡付近から日本海、対馬海峡と秋雨前線があり黄海には秋の高気圧で水蒸気画像では乾燥しているためにきれいに見えます。上空の風の流れが前線に沿って流れているために前線や高気圧は西から東の移動性になりません。これから前線が日本に張り付くのかよりわかりません。アンサブル天気図ではそんな感じもしますがよく読みきれませんが、変わり目になりつつあるようです。

 9月9日のはやぶさまつりのスライドはだいぶできましが毎日少しづつ修正です。

20120905140000 2495

2012年9月 4日 (火)

地下天気図

 季刊誌「そら」の夏号の特集は巨大地震、昨年の3.11の大震災から間もなく1年半、南海トラフの巨大地震が取りざたされています。その中に小さなの記事で「地下天気図」という言葉がありました。地震活動の変化を天気図に見たて図解化したようです。興味ある方は検索してください。数件ヒットします。

 大震災の後に様々な前兆現象が報告されました。その中の一つに電離層異常です。NHKのサイエンスZEROで取り上げていたようです。放送時間が日曜の夜11時30分に変わってからあまり見ていません。早寝早起きになったもので残念 特に絵が無いのでこのHPからです。

1

2012年9月 3日 (月)

暗黒星雲?

 夜の帰りに東の空雲が明るいのに気づきました。雲の後ろから月が昇ってきたのです。黒い積乱雲の縁に月の光が当たり不思議な光景で暗黒星雲?ようです。望遠で見ると月の光で彩雲も見えます。望遠で少し長く開けると雲が動きピンポケのような感じなります。雲がゆっくり南から北に動いていました。

 寒気に伴う低気圧が東北地方の東に移動して風の流れも変わりました。

Img_8153 Img_8164 Img_8171

2012年9月 2日 (日)

久しぶりの雨

 昨日の夜から久しぶりの雨、今日は午後から時々雨、買い物をしている間に雨が降り車まで来るのが大変でした。地上天気図ではわかりませんが高層天気図では関東の南に寒気を伴った低気圧があります。ちょうど台風が南から近づいてくるような雲の流れです。偏西風は北海道の北、日本付近は西風が無く関東の南の低気圧がに反時計回りの風が吹きこの辺が東風になりました。地上天気図、高層天気図、衛星写真を載せます。

 今、NHKで深層崩壊を放映しています。海水温が高くなり高気圧の市が変わり日本がだんだん亜熱帯化しています。今年の北極の氷が過去最低のニュースも

 昨日は、記事を書いても写真が添付できずてこずっている間にタイムアウトお休みしました。

Img_0620 Spas_r201209021800 20120902150000 Scan10278

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »