フォト
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

霧氷

 休みの日は朝早くカメラを持って出かけるのがよくあります。この前の日曜日も朝6時30分頃から出かけました。当日は朝霧が出ていつもと違った風景になりました。前の土曜日に白鳥を追いかけて一度河川敷の道を走っていたので車で踏んでいたので凍っていてもだいぶ良かったです。

 当日の白鳥の写真はこれというものはなかなか無いのですが次にして、霧氷の写真をアップします。解説はなしです。

Img_2026 Img_7319_2 Img_7333_2 Img_7336_2 Img_7374

2012年2月28日 (火)

マイナス10度の朝

 明後日から3月なのに今朝の最低気温は-12.4℃でした。丸森の2月の最低気温としては第8位記録です。風も無く放射冷却により下がりました。衛生センターの煙(水蒸気)もまっすぐ上がっています。ロケットのむこうは大河原の衛生センターと思います。また、新地火力の水蒸気も見えます。

 昨日気象庁は平成24年冬の天候と大気の流れの特徴を発表しました。これまで言っていたラニーニャに加え、ヨーロッパロシアの北極海のバレンツ海付近の氷が少ないことが影響している発表しています。

 このことは、JAMSTECが2月1日にバレンツ海の解氷減少がもたらす北極温暖化と大陸寒冷化として発表していました。

Img_8613_2 Img_8625_2 Img_8619_3 Img_8614_2 Image001_2 Scan10201

2012年2月27日 (月)

雪の中の白鳥

 土曜日の雪は思いかけない雪の量になりました。今年は雪の白鳥を撮っていなかったので雪の中を行きました。途中、20cm程積もったため誰も通らない畑の中の農道は畑との境もわかりにくく軽トラで走るのも大変でした。

 雪の中、わずかに出ている草を食べています。雪の白の中の白鳥、白だけの世界の中で幼鳥の白鳥と雁の黒が目立っています。

 AKさん文章は送りました。写真はよろしく

Img_7256 Img_7259 Img_7277

2012年2月26日 (日)

齋理の雛まつり

 特にお雛様ではないのですが齋理のひな祭りを見てきました。今年で2回目です。見ているときに事務局長さんがきてちょっと長話しになりました。原発事故による放射能により観光客の激減により深刻なようです。特に、舟下りの影響が大きく存続の危機とのことでした。やはり外のものの影響が大きいようです。

 ひな祭りは角田でも郷土資料館でしていましたが今年はありません。局長のお話では角田のお雛様は県内トップクラスとのことでした。郷土資料館も地震の被害があり今年は展示していませんが、角田と丸森一緒にすることにより相乗効果があると話していました。

 丸森は4月1日までしています。続けるには行って見て支えることも必要です。2枚目の写真の鶴は紙ではなく布です。奥の白の鶴は女の方の襦袢で作ったそうです。

 昨日の28会の参加者は15人、近く記事と写真をアップします。

Scan10200 Img_7180 Img_7199

2012年2月25日 (土)

お買物とほろ酔いめぐり

 今日は商工会主催の「お買物とほろ酔いめぐり」です。夕方から28会があるので今回は買い物だけにしました。10時からスタートなので雪の中最短距離を回り抽選会へ、チラシのほかにも商品があり私はA賞があたりました。

 今日は雪の予報は出てたのですが予想外の大雪になりました。関東沖の低気圧はさほど発達もしないのですが思いがけない雪で20cmくらい積もりました。

 28会の参加者は15人、写真はHPにアップします。

Scan10199 Img_8604 12022509

2012年2月24日 (金)

地球照の月

 今朝は暖かく散歩の時は5℃くらいあり暖かく手袋なしでも散歩ができました。前線が通過し風があり寒気も流入しなかったようです。

 夕方は、細い三日月がありました。月の欠けている部分が地球から照らされてうっらと見えます。「地球照」です。何枚か撮ったのですが露出がいまいちでした。

Img_1987

2012年2月23日 (木)

ブラジルからのカード

 アマチュア局が狭いところに多数いる日本は世界一の雑魚なんですが年末に交信したブラジルの局から郵便でカードが来ました。非常に珍しいことです。時々日本のJCCを追いかけている局がいますが、今回の局はBUROに入っていないようでQRZ.COMでもカードはダイレクトになっていました。

 Img_8593

2012年2月22日 (水)

お天気キャスター

 最近はお天気キャスターが天気の解説をしていますが、気象友の会の会員交流会を気象台が開催し、お天気キャスターにのお話しを取り入れていただいているために多数のお天気キャスターの話を聞くことができ、集合写真も撮っています。

 ずうずうしくしないととれないのですが、何人かのキャスターとはツーショットもあります。今回の奈良岡さんともツーショットを撮らせていただきました。しかし、テレビは見ていませんので今晩はじめてみました。今日の写真は奈良岡さんのテレビの写真です。

Img_8589 Img_8592

2012年2月21日 (火)

もう一つの天気予報

 先日のKHBの奈良岡さんは健康気象アドバイザーとのことでしたが、健康天気予報もあるようです。気温が低く湿度が高いと関節痛を訴える人が多い、気温・湿度が低く気圧が高いと血圧が高くなるなどいろいろあるようです。HPでは医療機器メーカーのテルモが発表しています。アドレスは

http://kenkotenki.jp/index.html?pid=34392

 今朝は比較的暖かく早く起きたのでいつもの倍散歩をしました。2月7日のブログに白鳥とロケットの写真をあげましたが今もその場所にいるか見に行きました。バラケテはいますがまだいました。休みと天気があえばまた行ってみます。

Scan10194 Img_8578

2012年2月20日 (月)

ウィンドプロファイラ

 気象台で見たウィンドプロファイラですが一つ理解できなかったことがありました。ドップラー効果で計測しますが電波を何にぶつけて散乱電波のドップラーシフトを計測するかです。質問したところ、雨粒や水蒸気とのことでした。そのため雨のときは、上空7~9km、雨の降らないときは3~6kmとのことでした。ちなみに周波数は1.3GMHz

 観測目的は違いますが京都大学のMUレーダーがあります。周波数は46.5MHz、直交八木アンテナを475本並列につなぎ上空に電波を発射し流星が上空に入ってくると上層大気が電離し電波が散乱し、散乱で帰ってきた電波から流星を観測します。

 私たちも、50MHzで流星が高層大気に入り電離されたところを利用して流星散乱通信をします。最近は50Mに出ている局が少なくしていません。

 写真は上からアンテナの給電部、ウィンドプロファイラの概要、MUレーダの全体図、MUレーダーのアンテナです。MUレーダーの波長は6.45m、ウィントプロファイラは23cmです。

Img_8568_2

Wprgenri Mu11 Mu12

 

2012年2月19日 (日)

今日は雨水

 こよみの上では今日は雨水、大気の気温が上昇して、今まで雪やあられとして降っていたものが、雨になってふるようになるころです。日中は風もなく良かったのですが午後には雪も舞う相変わらず寒い一日でした。

 昨日は、講演のほかに気象台の外にあるものも見ました。一つはつくばから運んできていただいた「ラジコン小型気象観測機」、次は「ウィンドプロファイラ」、震災のこともあり観測体制の強化のため仙台にも設置されました。試験運用中とのことでまだ回りにはフェンスもありません。写真ではコンクリートの上に鉄の囲いだけですが、鉄の囲いの中から上空に電波を発射しドップーラー効果により風を観測するようです。最後は気温などの観測機器見せていただいて説明を受けて終了でした。

 ここで、おまけは敷地内に水準点がありました。現物をみたのはつくばの国土地理院と山元町役場前と三つ目です。

Img_8565 Img_8567 Img_8572 Img_8574

 

2012年2月18日 (土)

気象ふれあいの会

 今日は気象友の会会員の第8回 気象ふれあいの会が仙台管区気象台で開催されました。昨年は予定が大震災の次の日に予定されていたのでありませんでした。

 今日の内容はKHBの天気予報を担当している気象予報士の奈良岡希実子さんの「健康と気象」と題した講演、業務課長さんの「ラジコン小型気象観測機について」、観測課長さんの「気象観測よもやま話」と観測機器の見学です。

 奈良岡さんは健康気象アドバイザーで気象と関節痛、花粉症、紫外線、熱中症についてお話がありました。

 ラジコン機は翼幅2.9mですがアメリカでは台風の中まで行って観測しているようですが日本では梅雨の観測をしたようで今回はつくばから運んできて見せていただきました。

 観測課長さんからは3.11の大震災後アメダスの復旧や自衛隊や警察の活動を支えるために観測機器の復旧と気象データの提供し、表には出ませんが重要な働きをしていたことのお話を聞くことかできました。

Img_8538 Img_8539 Img_8540 Img_8554 Img_8559

2012年2月17日 (金)

太陽高度も高くなり

 今朝の雪はいつもの散歩の時はまだ5cm程度でしたが見る見るうちに積もり出かけるときには10cmほどなりました。ちょうど出勤の時間になり車はのろのろでした。それでも日中は太陽が出たために夕方にはほとんど解けました。太陽の力はすごいです。

 太陽高度も仙台で見ると冬至のお昼は28度、今日は39.5度と11.5度と高くなりました。その分私の部屋には入ってくるのが少なくなります。絵は仙台のものがなく東京のものです。

0621jpg

2012年2月16日 (木)

四方山からのライブ

 今朝のNHK、7時55分の天気予報の前に四方山からライブカメラの映像が流れました。私が見たのはこれで2回目、1回目はしばらく前のNHKの朝のニュースで7時45分からローカルニュースになりますがその前のわずかな時間です。

 四方山の展望台の上にはNHKの中継用のパラボラアンテナは以前からあったのですがカメラを見つけたのは地震後4月でした。そのときは地震後の映像撮るためかと思っていました。いつどのように使うのかはしませんでした。ロケーションは抜群なので時々流してもらいたいものです。

 写真は4月に撮った展望台のカメラです。

Img_5431 Img_5430

2012年2月15日 (水)

技術情報

 エステーの放射線測定器エアカウンターの技術情報が知りたくてメーカーにメールを送りましたが取扱説明書以外はだめとのことでした。

 聞きたかったのは、センサーの大きさ、数、単位センサー(フォトダイオード)にどのくらいの放射線が入った場合にどんな表示をするのかでした。

 例えば、1個、1mm角のセンサーに1秒に1個の放射線をカウントした場合は○○μSVとかわかると面白いと思いましたが、残念ながらダメでした。とりあえず取り扱い説明書をあげます。

 デジタル全盛ですがこの前の休みの日に作業場の2階の片付けをしながら昔のコンポでLPレコードかけて聞いてみました。なんとなく懐かしく聞きました。ちなみに、カートリッジはオーディオテクニカのMMです。

Scan10192 Img_8453

2012年2月14日 (火)

道の駅 大震災研究プロジェクト

 今日は多摩大学主催の東北「道の駅」大震災研究プロジェクトが仙台で開催され直接仕事とは関係も少なく? 休暇を取り聞きに行ってきました。道の駅は1993年に103駅から出発して現在では全国では977駅、東北では139駅あります。最初に寺島実郎氏の基調講演、多摩大学の昨年の3.11の大震災での道の駅が果たした実態の報告、道の駅に求められる新しい地域連携機能をテーマしたハルネルディスカッションなどでした。

Scan10190 Img_8473 Img_8479 Img_8477 Img_8504

2012年2月13日 (月)

内町湖の歴史

 内町湖も寒波により結氷しその上に雪が乗り真っ白になっていました。以前紹介した本に内町湖の歴史がありました。1717年に枝野新田の用水としてため池を築いたようです。

 我が家の近くの柿木は鳥から食べられすっすりなくなりましたが、ため池の近くの木はまだいっぱい付いていました。いつまで付いているのか

 今晩は7MのSSBでニウエと、18MのCWでマケドニアが出ていてレポート交換だけの交信、こんなものでしょうか

Scan10186 Img_8388 Img_1979 Img_8393

2012年2月12日 (日)

良くなったコンディション

 昨年の10月から11月をピークにコンディションが下がっていましたが今日はいくらか良くなってきました。朝は南太平洋のニウエ、南クック島、ウイリス島、パラオと交信、夕方はヨーロッパと交信しました。SSNは2月7日は24まで下がっていましたが今日は62まで上がりました。冬至から約40日、空は時々春のコンディションを迎えつつあります。

 今日の昼は市内の食堂でみそタンメンでした。その食堂で「おいしいかくだ」のしおりが3種類(写真のとおり)ありました。食事のあとお話をしましたら頂けるとのことでいただきました。

 ニウエのペディショングループのロゴとSSNのデータ、しおりです。

Logo_leer Scan10196 Img_7174

2012年2月11日 (土)

角田市子どもフェスティバル

 今日の午後は子どもフェスティバルのお手伝いになりました。最初はコスモハウスの職員がポケ丸(ペットボトルロケツトで少し小さめ、水を入れないので飛距離は6~7m)飛ばすので様子を見に行ったのですが、宇宙体験コーナーがありJAXAのいつもの人が一人で、人手がたりないのですっかりそちらのコーナーのサブになりました。ハヤブサのペーパークラフトを子どもに作らせたり、小惑星いとかわやハヤブサの説明をしたり、子どもたちと過ごした午後になりました。

 今までは、市民センターの体育館で行っていたようですが手狭になり今年から総合体育館になったそうで始めてのお手伝いです。私の子どもの時はなかったように思います。午前は絵馬の展示を見ましたが、後日にアップします。展示明日まで市民センターです。

Scan10188 Scan10189 Img_8402 Img_8403 Img_8413

 

2012年2月10日 (金)

電池が弱った

 様々な写真を撮っていますが現在使用しているのがコンパクトデジタルカメラと一眼レフデジタルカメラです。コンパクトは2008年8月購入です。電池は予備を1個持ち交互に使っていましたが最近特に持ちが悪くなりました。そのため、今日新しい物を1個買いましたのでいくらか良いかと思います。カメラの駆動部分のエラーも多くなってきましたのでそろそろか、写真も撮った枚数が8000枚を越えました。一眼レフは2005年6月購入、一度レンズとのやり取りが悪くなりレンズは買い換えました。

 白鳥を追っていたときに鴨の群れににあったので撮ったものです。鴨は人が近づくとすぐに逃げていきます。いつもハンターから追いかけられているからでしょう

 気象庁からユーラシア大陸の寒波について発表がありました。日本も寒いですがヨーロッパも大変なようです。

Img_1980 Img_1981jpg Img_1907 Img_1912 Scan10187

2012年2月 9日 (木)

佐渡の地震

 昨夜、佐渡島で地震がありました。緊急地震速報がTV画面に出ました。あまり見ることも無いので気になりました。地震後、気象庁の報道発表で地震の詳細が発表になりました。

 地震のニュースはそこまでだったのですが、インターネットの記事で興味のある言葉見つけました。「日本海東縁変動帯」です。日本列島の日本海に沿って北米プレートとユーラシアプレートの境界に沿ってひずみ集中帯があり、日本海東縁変動帯又は日本海東縁ひずみ集中帯と呼ばれ2004年の中越地震や古くは新潟地震、南にいけばあの阪神淡路大震災の震源域まで続いているとも言われています。地震は太平洋側が大きいといわれていますが日本海側は震源域が近いためMが小さくとも被害が大きくなります。

 太平洋側、日本海側とにかく日本列島は地震列島で゛す。

Photo Scan10193

2012年2月 8日 (水)

旧角田橋

 今日は白鳥の写真はお休みです。ブログネタ探しも楽しくもありつらくもありでしょうか、ネタ探しのために本を読んだり、いろんな所に行ったりです。

 今日は、昭和63年に発行された「わがまちの歴史」からの記事と写真を載せます。現在の枝野橋の下流に木橋の旧角田橋がありました。解体されたのはいつかは調べていませんが、写真奥の山並みは今も変わりません。全ての画像はクリックすると拡大します。

 昔は、角田にバスで行くときに笠松でバスを降り、橋を歩き対岸で待っているバスに乗ったかすかな記憶があります。

Scan10185

2012年2月 7日 (火)

白鳥の写真Ⅱ

 またも白鳥です。白鳥は写真で絵になります。ロケットと一緒に写るアングルがありましたので撮りました。早々あるものではありません。雪の中からわずかに出ている草を食べています。昨日今日と暖かくいくらかでも雪が解けてくれれば思っています。

 今日は暖かい1日で終わるようです。現在の気温は5℃、このまま行けば1月3日の最低気温が0.1℃だったのでそれ以来最低気温が氷点下にならないようです。

Img_1793 Img_1952 Img_1962 Img_1844

2012年2月 6日 (月)

白鳥の写真を

 土日でたくさんの写真を撮りましたのでその中から飛んでいる白鳥の写真を載せます。空を飛んでいるのをアップで撮ると早いため追いかけるのが大変です。また、オートフォーカスなのでピントが甘いのがありますがこんなものです。いまさらマニュアルにもできません。やはり、白鳥の写真は飛んでいるのがいいです。

 その他、雁、鴨も撮りましたが後日、日曜日の朝、地上にトンビがいたので近づいてみるとハクビシンが死んでいました。食べようとしていたようです。トンビの朝食の邪魔をしては悪いので早々に写真を撮り引き上げました。午後、白鳥の様子を見ながらハクビシンを見ると、からすがいてハクビシンは一部内臓はあるものの毛と肋骨むき出しの骨の状態です。

Img_7165 Img_1862 Img_1859 Img_1760 Img_1829

2012年2月 5日 (日)

戻っていた白鳥

 今日は久しぶりの暖かな日でした。7時の気温はプラス、日中は風も無く太陽が出ていたのでなんとなくほっとしました。最近遠くで白鳥の鳴き声が聞こえるので、昨日枝野と小斎の境の阿武隈川に行くと白鳥がいました。工事現場の人に聞くと、しばらくどこかに行ったようで全くいなかったようですが最近又戻ったようです。日中は餌場に行くのですが川にたくさんいるガ不思議なので対岸の丸森側に行って見ました。

 ほとんど車の通らない雪道を軽トラで走り、牧草地に行くと牧草地は硬い雪、最近の寒さで雪が硬くなり雪の下の草を食べることができないようです。しばらく探しているとわずかに草の出ているところにいました。ただでさえ込み合っているようで来たくともこれないようです。白鳥の近くには雁もいました。

 昨日と今日で400枚くらいの写真を撮りました。大部分が白鳥です。このくらい撮ってもなかなか良いものが無いのですが少しづつアップします。

AKさんこれから原稿を送ります。

Img_7069 Img_7133 Img_7162 Img_7158

 

2012年2月 4日 (土)

暖かかった四方山

 気になっていたことを確かめるために今朝は夜明け前に四方山へ、行ってみると比較的暖かいのです。暖かいといっても氷点下ですが、風がなく放射冷却になると伊具盆地に冷気がたまりますがそれを確かめたかったのです。ホームセンターで安いデジタル温度計を購入、内と外、外はセンサーにケーブルが3m付いています。センサーを軽トラの付けて出発、途中ポイントで温度記録、予定では山頂で朝日を見る予定でしたが途中で日の出になりました。山頂から日本製紙の煙を見ると上に登り風は無いようです。

 結果は、この辺では-8℃前後、四方山のアンテナの入り口近くで-4℃でした。だんだん標高が上るのに気温が上がり不思議な感じでした。途中の変化を見ると標高に比例はしていないようです。帰りは日が出たので少し気温が上がりましたのでこの差は小さくなりました。午前7時のアメダスで丸森は-7.3度、亘理は-4.4℃です。

 写真は途中からの日の出、山頂から海面に反射する陽の光、製紙会社の煙、陽が当たりはじめた角田です。

Img_7050 Img_7056 Img_7062 Img_7065

 

2012年2月 3日 (金)

人も車も

 今朝も寒く最低気温は-13.4℃、朝の散歩の時は滑ってしりもち、車は滑ってガードレールへたいしたことは無かったのですが修理が必要に、注意はしていたのですがしょうがないです。

 2月になり新聞各紙、テレビでは1月寒波の解説が、昨日の河北新聞にはそのほかに北極の氷との関係も、新聞だけでは不十分なのでJAMSTECのホームページのプレスリリースへ、とりあえずプリントをしたので後でゆっくり見ます。

 今朝は、一時的に川霧が発生しました。散歩をしている間に弱い風があり我が家の方向に、朝日と霧のコラボでこんな風景に、太陽を木に隠すとこんな風になります。しりもちをつきましたが良い写真になりました。

Scan10182 Img_8355 Img_8379

2012年2月 2日 (木)

消えた送電線

 ミステリーではなく国土地理院の1/25000の地勢図から消えていました。気づいたのは丸森町の堂平山に行くために国土地理院の電子国土の地図を見ていた時です。前に行った方のブログで登山道が無いので送電線やその鉄塔を目印にしていたとのことでが、地図に送電線や鉄塔が無いのです。以前はあったですが、その理由が最近の毎日新聞の記事にありました。テロを理由に国土地理院にデータを提供していないのです。原発の問題を考えると身勝手のような気がします。

 天気は、かろうじて0℃を上回りましたが午後11時現在の我が家の外の気温は-8.8℃明日はどうなることやら、寒気が抜けて一度和らぎますが、来週は月曜日に気圧の谷がとおり、その後寒気が入るようです。アンサンブル天気図載せてみました。

 28会の通知を明日投函します。Tomさん三脚の雲台のねじにあうもの詳細をお願いします。

Scan10173 Fefe19

2012年2月 1日 (水)

マルペロをゲツト

 今日から2月、今朝マルペロとQSOできました。1月末からSSNも少なくCNDXも悪く期待できなかったとのですが今朝は、18、21、24で聞こえ21MHzのSSBでできました。休日はパイルがきつくなかなかできません。現役はきついのです。DXサロンには月曜日に病気になろうかと言っていた人もいました休んでもしたいのです。マルペロは地図では60°方向のHC0のところでコロンビア領の無人島で日本からは約14,000kmの距離です。

 放射線量計はカメラの三脚に写真のようにセットして測ることにしました。高さが一定になり信頼性が高まります。蔵王の写真は日の出前の一時の色です。

Scan10181 Img_8317 Img_8327

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »