フォト
無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

近着のカード

 今日JARLからカードが届きました。一時に比べて楽しみも少なくなっています。QSO局数も少なくカードも少なくなりました。お空の状態も日が落ちるとハイバンドはCNDXが落ちてローバンドになりますがいまいちです。カードは見てのとおりの特別記念局です。台風通過後朝晩の気温が下がり丸森のアメダスも一時10度切りました。今日寒冷前線が通過、明日から寒気が下がってくるようで散歩の時は少し多めに着込むようにします。

Img_0020 Img_0021 Img_0022

2011年9月29日 (木)

日の入りも早くなり

 今日の日の入り時刻(仙台市での時間)は午後5時24分です。角田では西側に山がありこれよりも少し早くなります。夏至の時は午後7時4分で1時間40分も早くなりました。早なり速さも少し早くなっています。8月1ヶ月で40分、9月は1ヶ月で47分早くなります。仕事から帰って日の入りを見ることはできなりました。写真は屋上からの蔵王とコスモスのキアゲハです。

Img_6975 Img_6166

2011年9月27日 (火)

太陽活動と地震

 26日の毎日新聞に興味のある記事がありました。タイトルは「太陽の黒点少ない時期 巨大地震頻発」です。私の無線の世界は逆で太陽活動が活発(黒点数が多い)になると電離層が活発になり電波伝搬がよくなります。太陽活動は1755年から始まった周期を第1周期として現在はサイクル24です。サイクル24は立ち上がりが遅く極小期かと話題になりました。ちなみに26日は黒点数は103です。また、ニュートン10月号の特集は、「今おきている太陽の変調と地球環境」で太陽の特集でした。新聞の記事と黒点の画像、サイクル24のグラフです。

Scan10131 Latest_sunspot_512 4otfsk000000k7po

2011年9月26日 (月)

東チモールが終了

 9月16日からQRVしていた4W6A(東チモール)が26日でQRTしました。QSOは5バンド6QSOとなりました。位置的には難しくないのですがローバンドはできませんでした。

South_east_asia_prefix_map

2011年9月25日 (日)

石川口いちじく祭り

 今日は石川口(枝野1区)のいちじく祭りです。石川口の方が遊休耕作地にH20年末にいちじくを植えて昨年から収穫時期にお祭りを始めました。いちじく300キロは午前中に完売し盛況でした。とん汁150食の振る舞いもありました。今年は、私の地区(枝野7区)に参加のお誘いがあり参加しました。私たちは、なたね油で揚げたてんぷらを試食していただき、なたね油を買っていただきました。なたねは私がたびたびアップしている畑から採った実を絞ったものです。菜の花の香りのするてんぷらです。

 無線はお彼岸もすぎ秋のDXシーズンです。夕方からは24MHzでヨーロッパがオープン、カナリー諸島まで開けました。

Scan10130 Img_6965 Img_6964

2011年9月24日 (土)

かかし街道トトロの駅

 丸森町にかかし街道があり途中にトトロの駅がありました。

Img_6178 Img_6183 Img_6188 Img_6190 Img_6194

2011年9月23日 (金)

一日遅れの台風一過

 昨日は台風一過晴天を期待したのですが寒気が入り雨も残りました。一転し今日は台風一過の晴天になりました。刷毛で掃いたようなきれいな雲が朝一番の風景です。今日は仙台に行く予定があったのですが東北本線が台風の影響で運休となり車では込むような気がしてキャンセルです。そんなこともあり軽トラで小斎から丸森、枝野の中島と一回りしました。まだいたるところに水たまりがあり、鳥が餌を狙っていました。サギは近づくとすぐに逃げられこれが限界です。トンビの写真がありますが木下には十数羽、水溜りの周りで何かを狙っていました。

Img_6924 Img_6918 Img_6947 Img_6954

2011年9月22日 (木)

阿武隈川も大増水

 今回の大雨はわずかに離れただけで雨量に差がありました。昨夜の午後8時から9時までの雨量を見ると丸森のアメダスは37ミリ、筆甫は15ミリ、角田市内は68ミリと山手よりも北の方が豪雨になりました。一方、阿武隈川は近年にない増水となりました。写真のとおりです。昭和61年の大雨の時の水位まで1mくらいまでに迫りした。枝野橋を下り東町までの道路は水没、角田橋経由となりました。前の地震で堤防が崩壊し仮堤防になっているところは堤防上面まで3メートルくらいでしょうか仮堤防が無ければ決壊していたかも知れません。内水で浸水の被害もあったようです。収穫前の稲も倒伏、河川敷の野菜は全滅ですがニュースになるような被害は無いようです。

Img_6867

Img_6824 Img_6859 Img_6876 Img_6880 Img_6883

2011年9月21日 (水)

台風15号も峠を越えて

 午後10現在で書いています。台風は21時現在いわき市付近にいるようですが雨も峠を越えました。雨は21時まで263m降りましたが、20時45分頃から小降りになってきました。台風の西側になったのでだいぶ救われました。風も最大瞬間風速で20mくらいですみました。私の家は用水路が雨のときは宅地の排水も兼ねており水を逃がしてやらないと道路が冠水します。20時頃にはもう20cmくらい冠水しているので、一番雨の強いときに合羽を着て水路の堰を3箇所開けて排水しました。写真は夕方の水門です。もう排水機が動いていました。21時現在のレーダーナウキャスト、アメダスの雨と風、台風の位置です。ナウキャストの図で中心の赤い部分が通過したときに一番強く雨が降りました。台風はこれ以上近づかないと思います。気圧は967hPaで1時間くらい変化がありません。

Img_6813 20110921210000 20110921210000_2 20110921210000_3 111500

2011年9月20日 (火)

台風15号が近づく

 沖縄東方で足踏みしていた台風15号が明日から影響を及ぼし大雨なる見込みです。しばらく大雨も無く堤外地も冠水することが無かったのですが今回は注意を要します。台風本体前にまとまった雨が降っていますので気がかりです。いくらかでも台風が東にそれて台風の東側にならなければと願っています。東側になると南から暖質流が入り南東斜面が大雨になります。現在は日本の南海上の海水温が高く台風は27℃以上あると水蒸気が補給され発達します。予報では明日の今頃が一番近づく予定で、図は21日午後9時の予想図です。

Msm2 Sstd_20110919_jpeg

2011年9月19日 (月)

大森山が?

 昨日は34℃近くまで上がりましたが、今日は最高気温は夜中が一番高くその後は下がり続け日中は20以下になりました。昨日は、丸森富士から立石に行きその後大森山まで行きました。立石は下から登ったのではなく上から下りました。大森山は頂上直下まで軽トラックで四駆にするといけます。10年をゆうに超えた軽トラですが車検を取ったばかりで動かす機会も少ないもので山道を登りました。写真は、立石、大森山からの枝野(右下は枝野小学校)、山頂の看板(山元は影倉山、角田は大森山)ですが三角点名は影倉山ではない?のでこの看板はいかがなものか?

Img_6791 Img_6797 Img_6793

2011年9月18日 (日)

丸森富士

 丸森にも富士があります。今日はどこの山に行くか迷っていたのですが近くにしました。山の斜面が伐採されていたのを見つけていたので伐採地から入りました。場所は丸森町のケーヒンの南の山です。尾根は歩きやすくどなたかがところどころにテープをつけていました。山頂には三角点もあります。頂上の近くは藪がひどいところがあります。この辺の山はところどころに巨石があり、石の上は眺望が開けているところがあります。今日は暑くやはり里山は涼しくなってらです。

Img_6752 Img_6781 Img_6768 Img_6772

2011年9月17日 (土)

ひまわり畑

 丸森町舘矢間のひまわり畑が今日からオープンです。ブログのネタ探しもあり行ってみました。今年の花はいつもより良いようです。明日はイベントがあるようで時間のある方はどうぞご覧ごらんください。丸森町の齋理屋敷は放射能の風評被害でしょうかお客様がだいぶ少ないようです。ちなみに大内のひまわりは今年は無いようです。ひまわり畑の売店ではりんごなどともに向日葵饅頭が売られていたので買ってみました。何でも饅頭になるようです。食べてみましたが真ん中の茶色は小豆でした。

Img_6717 Img_6720 Img_6722 Img_6730

2011年9月15日 (木)

塩チョコスティックケーキ

 9月6日から塩チョコスティックケーキがローソンで発売されています。私の知人の娘さんのグループが開発した商品です。クーポンのついたチラシをいただき最終日にローソンから買ってきました。ケーキは何度かいただいていました。このケーキについて今日の河北新報では、売れ行きは計画を2割上回り今月末まで販売期間を延長するようですのでぜひご賞味してください。記事のアドレスとチラシから

http://www.kahoku.co.jp/news/2011/09/20110915t12006.htm

Scan10128

2011年9月14日 (水)

古い写真から2

 写真のスキャナーは、ナカバヤシのフォトレコです。フイルムや写真を簡単にスキャンするものです。今日の2枚は1997年3月のヘールボップ彗星の写真です。彗星だけの写真は撮らず風景としっしょに撮るため夜、早朝と撮っていました。L版の写真をスキャンすると1枚250Kくらいの写真になりブログにあげるときはサイズを縮小して50Kくらいにしています。ISO感度800のフイルムを使用していました。

Img_0017 Img_0018

2011年9月13日 (火)

古い写真から

 ネガフイルムをデジタルデータにしようと思っていました。スキャナーからできるものもあるようですが私のスキャナではできないものでなるべく簡単なものを探していましたが、電気店で見てみると適当なものがあったので求めてみました。今日はコノハズクの写真をアップします。1997年7月に私の裏の樫の木に来た時のもので、見たのはこの時1回だけです。ペアの時と1羽の時と何日かいました。古い写真は人の入っている写真が多くお金もかかることから風景を撮っておくことはあまり考えられませんでした。写真の撮り方もだいぶ変わりました。

Img_0004 Img_0015

2011年9月12日 (月)

里山も秋の気配

 四方山から見るとふもとは田んぼが色づき収穫を待つばかりです。米の放射性物質の検査の結果、角田の米からは全地点放射線物質は不検出でした。そのため、安全が確認できたとして、出荷自粛措置を解除しました。今年の米は天候にも恵まれ作柄も良いようです。山では、ワレモコウが咲き、アザミにはキアゲハ、なぜしがついているのかわからないバッタなどこんな写真を撮っています。今日は十五夜どんな月の写真になるか明日に期待?してください。

Img_6105 Img_6103 Img_6102 Img_6110

2011年9月11日 (日)

宮城県支部ハムの集い

 ハムの集いが栗原市で開催されました。JARL登録クラブの持ち回りで開催、今回はくりこまクラブです。駐車場にはアンテナのある車だけです。1本は普通、2本、3本もあります。HFのアンテナを上げて移動運用も、動く無線局もあります。オークション、抽選会もありましたがはずれでした。

Img_6701 Img_6699 Img_6706 Img_6705

2011年9月10日 (土)

蔵王から雲の模様

 蔵王では薄い雲がかかり様々な模様がありました。下は薄く霞みがかかっていたので視程は悪かったのですが、空の雲を見ていると楽しいものです。どのようにしてこのような模様になるのか‥‥‥ 飛行機雲の写真を載せましたが飛行機雲に平行して右側に薄い影がありますがこれは、飛行機雲の陰が雲にかかっているものでなかなか面白いものです。

Img_5950 Img_5956 Img_6044

2011年9月 9日 (金)

蔵王の花・鳥・蝶

 今の時期の蔵王は花も少なく紅葉にはまだ早く殺風景なのですが、思いがけない鳥や蝶を見ました。鳥は近くの枯れ木に飛んできたもので「ウソ」のようです。夏は高山帯で繁殖するようです。蝶は「ミヤマカラスアゲハ」と思われます。帰り足、私の前のりんどうにの蜜をすっていました。花はリンドウ、今の時期はこれだけでしょうか、登山道は屏風岳の登りが荒れていたのですがだいぶ整備が進んでいます。帰り足、津波の被害を受けた山元町の山下第2小学校の5年生が校外学習でしょうか屏風岳までの登山に来ていました。

Img_6047 Img_6028 Img_60512 Img_6049

2011年9月 8日 (木)

山は初秋

 今日は最後の夏休みをとり南蔵王の尾根歩きです。朝7時前から歩き始め休憩や食事、無線をしながら7時間、13kmの行程でした。エコーラインの脇に車を置き、前山、杉ヶ峰、芝草平、屏風岳、南屏風岳の往復です。芝草平は初秋の装いです。

1枚目は芝草平、2枚目は屏風岳手前から芝草平を望む、3枚目は屏風岳から白石方面、4枚目は屏風岳から南屏風岳わ望む、5枚目は南屏風岳から今来た方面、遠くに見えるのはエコーラインここまで6.5kmです

Img_5964

Img_5972 Img_5996 Img_6003 Img_6012

2011年9月 7日 (水)

階層アスペリティ・モデル

 今日は、朝から晴れて朝の散歩の時は、15℃、日中は30℃と15℃の開きがありました。明日も良い天気のようなので残していた1日の夏休みを利用して尾根歩きをします。最近3.11の巨大地震についての記事がありました。海洋開発研究機構は深海6500を使って海底の写真を撮っています。同機構が発行している情報誌「Blue Earth」の113号の特集がM9超巨大地震の謎です。これまでの新聞などで輪郭はわかっていたのですが、本の中で階層アスペリティ・モデルという考えが載っていました。まだ、わからないことも多いのですがわかりやすく解説されていました。モデルの考えではありませんが本からの解説図を一部載せます。また、同機構のHPはこちらです。

http://www.jamstec.go.jp/j/  海底の動画もあります。

Scan10126

2011年9月 6日 (火)

青から紺碧

 今日は朝からさわやかな風が吹き、日中は青空も広がり夏の雲とは違っていました。夕方は快晴になりました。家に着いたときには日が沈んでいましたが、西の空を見ると沈んだ太陽から空に向かって光の帯がありました。日の当たる部分がオレンジ色になっていました。三脚を構えて撮ればもっと色が出たと思いますがいつまで続くかわからないので急いでカメラを持って行きました。スローシャツターで一部は手ぶれになりました。

Img_6685 Img_5933

2011年9月 5日 (月)

南東の風

 紀伊半島では記録的な豪雨になり甚大な被害が出ています。今回の大雨については新聞各紙で解説をしています。朝日新聞の画像で良いのであげて見ました。基本的には暖質流が山岳にぶつかり上昇気流になり雲を発達させて大雨になることです。その規模と時間で被害が出ます。今年の夏の新潟や福島の只見地方の豪雨も同じ理由です。もう一枚の写真は私の東の山にかかる南東の風が山越えになるときに雲を作ります。規模が小さいので山を超えてまもなく消えてしまいます。

Tky201109040375 Img_6672

2011年9月 4日 (日)

総雨量1800ミリ

 台風12号に伴う総雨量が1800ミリを超えたところがあるようです。角田でのこれまでの水害では1986年(S61年)8月の台風10号崩れの温帯低気圧に伴う豪雨です。その当時の気象年鑑を見てみました。丸森のアメダスでは8月4日73ミリ、8月5日230ミリ2日間で303ミリです。今回の6分の1です。コースが悪く、関東から北上し、台風の東側になっていれば昭和61年8月5日を上回る雨量になった可能性もあります。国際宇宙ステーションから古川宇宙飛行士の撮った台風12号の写真がJAXAのHPにありました。

110902_typhoon_01_l

2011年9月 3日 (土)

特別栽培米

 のろのろ台風により西日本は豪雨の被害が出ています。こちらは、今日も大雨もなくほっとしています。稲穂も色づきはじめています。角田は特別栽培米「角田の商標は、ふるさと安心米」の比率が県内でもトップクラスです。先日の米の放射線の予備検査では不検出でした。本検査でも出ないことを祈っています。無線では、今日からオールアジアコンテストが始まっています。しばらくぶりで出ています。

米の検査結果はこちらで

http://www.pref.miyagi.jp/noenkan/result_radio/H23kome_pdf/kome110901press.pdf

Img_6657_2 Img_6659

2011年9月 2日 (金)

CWアクティビティーアワード

 CQ hamu radio CWアクティブティーアワードがCQ出版社から届きました。50M、144M、昨年の7Mに続いてのアワードです。申請料もかからないので申請しています。今年も無線をしている証みたいなものです。今日のHFのバンドコンディションは良く、夜になっても高い周波数までEU方面が開いています。9月1日の読売新聞のインターネット版に 地球環境に変動?太陽北極域で異例の磁場反転 との記事がありました。今日のSSNは119まで上がり太陽活動が活発です。今日は24MでEUの5局と、かつてナポレオンが流刑になり死亡した島セントヘレナ(ZD7)とも交信ができました。まずまずでしょうか

Scan10125

2011年9月 1日 (木)

予備検査では不検出

 台風が大きく西によったのでほっとしています。稲穂は首を曲げています。米の放射性物質予備検査の結果がインターネット版の河北新報に載っていました。結果は、角田の検査した5地点で不検出とのことです。これから刈り取り後の本検査をおこない200ベクレル以下の場合販売が可能とのことです。新聞のアドレスです。

 http://www.kahoku.co.jp/news/2011/09/20110901t13032.htm

 今年の害虫被害は以前にも掲載しましたが、私の家の柿木は見るも無残になりました。消毒をしたのですがだめでした。この柿の実はこれからどうなるのか

 先ほどまで、日本人がフィンランドから無線に出ていました。昨日は18MHzのCWで、今晩は21MHzのSSBで交信しました。

Img_6637 Img_6641

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »