フォト
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

かねしょうの時館

 村田町のかねしよう商店が自宅で昔使用したものを整理して店の2階に「かねしようの時館」として個人の資料館としてオープンしています。内容は河北新聞で紹介され、以前ブログでもアップしています。テレでも放映されたようですが私は見ていません。昭和40年代でしょうか、ほっとするひと時です。大河原で用事があったので足を伸ばしてみてきました。詳細は、手書きの案内と写真でどうぞ

Scan10109 Img_6228 Img_6231 Img_6233 Img_6235

2011年7月30日 (土)

8J7HOPE 四方山

 8J7HOPEが四方山から出ていてるのをJクラスターで見つけ自宅からQSOし、メンバーの中に知っている方いたのでいってみました。HOPEはそのとおり希望です。特別コールをもらったようです。山は霧が立ち込めていました。仙北の方2人と角田の方1人の3人で7MHZで運用していました。四方山の自衛隊の中継局はアンテナ2本、車両1台になっていました。暑いので車は桜の木下に駐車していたようでこの中継局の任務もまもなくなのでしょうか、多いときはアンテナ、車両とも5組くらいいたと思います。

Scan10107 Img_6221 Img_6222 Img_6223

2011年7月29日 (金)

積乱雲

 今日は久しぶりに雷雨がありませんでした。一方、新潟から福島の只見地方では豪雨に見舞われています。典型的な梅雨末期の集中豪雨のパターンです。太平洋高気圧の縁を暖湿流が日本海から入り上空の寒気と地形との関係で集中豪雨になりますが太平洋側まではあまり影響がありません。夕方南の空に雄大な積乱雲がありました。そのときの気象庁のレーダーナウキャスト(降水)です。あまり大きくはありませんが、相馬地方に雷雨が確認されます。この雲の下は激しい雨のようです。

Img_5824 Img_5823 20110729180000jpg

2011年7月28日 (木)

梅雨前線復活?

 連日雷雨があり天気の流れを気にしています。最近は地上天気図をあまり注意していなかったのですがいつの間にか前線が復活していました。昨日の21時の天気図にはなかったのですが今日の3時の天気からこの辺を横断する停滞前線が描かれています。前線の西の韓国では豪雨で被害が出ているようで、梅雨末期の天気図のようです。これから前線はすこし南に下がりその不明瞭になるとの予報ですが、梅雨明け後の近い時期であれば梅雨の戻りと表現しますが気になります。アフリカの干ばつがニュースで報じられていますが、太平洋のラニーニャ現象とインド洋のダイポールモード現象と北半球全体の大気の流れの関係の解説を探してみます。

Spas_072721 Spas_072803 Spas_072818

2011年7月27日 (水)

ゲリラ豪雨

 上空の寒気が抜けないため今日の午後は強い雷雨になり市内では落雷による火災も発生しました。地上天気図では想像できませんが、午前9時現在の500hpaの天気図では東北地方に-9℃の寒気を伴った低気圧があります。太平洋高気圧の縁を日本海側から暖かく湿った暖湿流が流れ込み上空の寒気とぶつかり活発な雷雲を発生させています。同時刻の地上天気図では何も描かれていません。大気の流れが遅く寒気が抜けるのに時間がかかり明日もまた雷雨になると思われます。

Scan10104 11072709jpg

2011年7月26日 (火)

遠い南スーダン

 南スーダンのST0Rは、7月22日から出てきました。7月26日午後7時まで24,100QSOしているようですが私にはまだ無理のようです。現在も24.894Mhzで出ていますが、QSOはいつになるか、8月10日まで出ているので気長にタイミングを待ちます。

http://www.dxfriends.com/SouthernSudan2011/index.php

Scan10099

2011年7月25日 (月)

かみなり3日

 かみなり3日と言う言葉があります。夏場の雷は地上が熱せられ上空に寒気が入ると熱雷になります。通常上空の寒気は日本列等を通過するのに3日ほどかかるためです。今日は午後4時頃から雷雨になりました。画像は気象庁の午後4時30分の解析雨量・降水短期間予報です。天気図は24日午後9時、25日午前9時の500hpaの天気図です。青で囲んだ-6℃の寒気が雷雨の元で日本列島を抜けるまで注意が必要です。20110725163000 Scan10100 Scan10101

2011年7月24日 (日)

リアルタイム震度

 昨日の午後も余震がありました。比較的長い地震でした。地震があると普通は最大震度発表されますがそのほかにリアルタイム震度というものがあるようです。先日気象台の方との話の中に同様の話を聞いていました。正式の名称はいろいろ調べているうちに知ったものです。図ではわかりにくいのですが、拡大して見ると見えてきます。この図からは、3月11日地震は仙台では、最大震度は6.3、震度6以上の継続時間が約1分40秒、震度5以上が約3分、震度4以上が3分30秒続いたことが見て取れます。とにかく長く感じました。この長さは破壊域の広さであり、今回はこの長さが液状化の被害を大きくしました。

Scan10098

2011年7月23日 (土)

サイエンス・カフェ

 コスモハウスでは、月に1回親子宇宙教室を開催しています。今日は飛ぶ種の模型を作ろうと題して、福島大学の岡田准教授から模型作りを教わり、発泡スチロールを薄くきり模型を作り飛ばしました。その後、コスモハウス関係者、応援団でサイエンス・カフェを開催、科学コミュニケーションにおける地域連携-角田市の地域連携を考える-と題して、岡田准教授から福島県での取り組みが紹介され角田での地域連携事業についてお話があり参加者で情報交換を行いました。これからのコスモハウスの取り組みのヒントをいただきました。

Img_6201 Img_6210

2011年7月22日 (金)

風が肌寒い

 台風を南に下げたオホーツク海高気圧は、ついでに冷たい海風も吹き込ませました。昨日、今日と丸森のアメダスでは最高気温が20℃、冷たい北東風があたると半そででは寒くなります。気象庁の1ヶ月予報を見ると、オホーツク海高気圧の影響があるとなっています。梅雨の期間は一方の主役のオホーツク海高気圧が見られなかったのですが、今になって目立っています。地図関係の月刊誌「地図中心」の7月号の特集は天気図を眺めてです。その中に高層天気図の概略図がありました。今日の夕方は久しぶりに青空でした。

Scan10097 Img_5816 Img_5820

2011年7月21日 (木)

南スーダン

 7月9日スーダン共和国の南部地域が分離独立し南スーダン共和国が誕生し、7月14日の国連総会で193番目の加盟国になりました。ARRLは、DXCCのエンティティーとして7月14日の交信をニューエンティティーとすることになり、日本人も含む国際チームが南スーダンからのQRVにむけてカイロから現地に向かっており、まもなく現地から電波が出るものと思います。現地とのパスは夜から早朝、世界中のHAMが交信を目指します。カードは2003年、2005年にスーダンと交信したときのカードです。

Scan10096

2011年7月20日 (水)

ペットボトル雨量計

 台風の影響もあまりなくほっとしました。今日は北東の風が入り現在の外気は17度、ちょっと肌寒い陽気になりました。大雨にもならなかったようです。現在はアメダスのデータをリアルタイムで見られますが、以前は難しくこんなもので雨量を見ていました。ペットボトルで作った雨量計でもう10年以上使っていて現在も使用しています。あたらずとも遠からず良い目安になります。1目盛り10ミリです。部屋には内と外との気温を表示する温度計もあります。

Img_6086

2011年7月19日 (火)

台風6号の進路

 台風6号は予想通り進路を変えました。目安としてN30度を境に貿易風帯から偏西風帯になるのですが、6号のように極端に90度も曲がるのはあまり記憶にありません。先週から進路予想の根拠探していました。今日の新聞のWEB版にオホーツク海の低気圧が居座っているためとありました。今の時期、偏西風は日本の北の方を通っています。上空の風を見ると300hpaの天気図ではオホーツク海低気圧の南西方向に西北西の風があり台風の進路に影響を与えていると思われます。300hpa、500hpa、700hpa、850hpaの天気図を載せてみました。等高度線で比較すると地上に近い850hpa(1500m)では低気圧は台風より高度の領域は狭いのですが300hpa(10000m)と高度が上がるにしたがって低気圧の領域が大きくなり、非常に大きく北半球の大きな流れを作っています。天気図に台風と同じ等高度線に沿って色鉛筆で青く塗りました。台風は南東斜面が大雨になりますがこの辺にはどの程度雨になるかは今の所不明ですが警戒が必要です。

110600 Scan10094 Scan10095

2011年7月18日 (月)

雉の卵

 昨日の地区の共同作業の草刈は、普段使用していない農道の草刈、私ともう一人で草刈をしていたのですが、その人が草刈をしていると草の中から雉が飛んで行き、よく見ると雉の卵がありました。普段使用していない道路でが道路の真ん中です。草を刈ってしまったので卵が丸見えになってしまいました。草刈が終わってから写真を撮りに行くと近くにカラスでいて雉の親鳥はいません。今日行ってみると卵もう無くなっていました。雉の卵の大きさは2㎝くらいです。もう一枚、空の写真は今日の夕方です。

Img_5733 Img_5805

2011年7月17日 (日)

目黒区との野球交流

 目黒区との野球交流をしています。今日は角田市の野球場で野球の試合をして、野球の後は、めく゜ろエコの森の草刈をしました。日中は炎天下の野球の試合、その後エコの森で鎌を持ち草刈りでした。今年は、目黒区が勝利しました。草は炎天下でも元気、草刈りをして山桜も元気になるでしょう。目黒区との交流会を終えて記事を書いています。まもなく12時かろうじてセーフです。

Img_5761 Img_5789 Img_6179 Img_6195

2011年7月16日 (土)

50年前の放射線量

 放射線量をどのように思うかは個人によりだいぶ違うようです。最近、信頼できる方から50年前の放射線量はすごかったとの話を聞き、その後に偶然に週刊誌「週刊ポスト」に同様の記事がありました。記事の内容は、1962年は178回核実験が行われ大量の死の灰が北半球を取り巻きました。週刊誌の内容をどのように思うかは個人の判断ですが、砂漠の真ん中や南太平洋の島でで実験していました。その時のセシウム137のホールアウト量を元に推計したようです。そうすると、秋田では3.36、宮城で1.62ミリシーベルト(1963年の年間放射線量)としています。世界ではこれまで2000回以上の地上核実験をしてきたようです。以下、週刊ポストの内容です。

Scan10092 Scan10092_2

2011年7月15日 (金)

台風6号は

 来週は台風6号の影響が心配です。気象庁のアンサンブル予想図では、20日夜には関東地方にあります。「L」が台風です。台風がどのような進路を通るのか気がかりです。6日分の天気図です。左上から17日午後9時(171200UTC)真ん中上は18日午後9時以下22日までの天気図です。一方、台風通過後、北からの高気圧が張り出してくる予想です。台風は気になりますが暑さから少しでも開放されればと思います。今朝、私の庭に小さな花が咲いていました。

Scan10091 Img_5724dl

2011年7月14日 (木)

虹と雲と

 毎日暑い日が続いています。上空の寒気も抜けて天気も安定してにわか雨も無くなりました。午後9時現在、我が部屋はフルオープンでも29.5度、外気は26度まで下がっていますがこのままでは寝苦しいです。ちなみに、エアコンはなしです。お昼、珍しい雲見たのですがカメラのセットを誤りNG、夕方、いろんな雲があったのでカメラを持って堤防の上で何かないかと待っていました。なにしろ、部屋は32度くらいあるもので、東の方を見ると下のほうは、灰色、上は白い さほど大きくない雲があり、しばらく見ていると虹が出てきました。灰色の雲の部分だけ雨が降っているのです。周りは青空です。一方西は、まもなく日の入り、きれいな彩雲を期待していたのですが良いものは現れませんでした。こんなものでもとりあえず撮りました。

Img_5715_2 Img_5720_3

2011年7月13日 (水)

菜種の刈り取り

 9日土曜日、コンバインで菜種の刈り取りをしていました。今年は、梅雨でも比較的雨の日が少なく刈り取りも順調に進んだようです。大豆用コンバインを使用しています。刈り取り後はライスセンターで乾燥し、後日、搾油機で絞り菜種油になります。

Img_1378 Img_1376

2011年7月12日 (火)

2011みちのく会写真展

 日曜日、サイエンスデイの帰り道、日本風景写真協会のみちのく写真展を見てきました。白鳥の写真を撮っているときに、お会いした方が会員でこの方のブログで写真展を案内していたもので、写真はすばらしいもので私の記録写真とは違い芸術です。この方は、広報かくだの7月号に蔵王に沈む夕日を載せていました。

Scan10090

2011年7月11日 (月)

お天気フェア2011

 サイエンスデイに併せて「お天気フェア」が開催されていました。各プログラムを回っていて最後のほうでした。いつもは、気象友の会会員あて案内があったのですが今回はなくわかりませんでした。結果オーライですが、会場の近くで気象台の方から声をかけて頂きました。これまで会員交流会に参加していているため私を覚えてもらっていたようです。会場内でゆっくりお話をしました。また、2月に講演で角田に来た鈴木気象予報士ともお話しすることができました。写真は会場内と放射線であるアルファ線を見るための霧箱を作っているコーナーです。

Img_6146 Img_6141

2011年7月10日 (日)

サイエンスデイ

 東北大学川内北キャンパスでサイエンスデイ2011があり行ってみました。偶然別のサイトからのリンクでこの内容を知りました。子供向けなのですがなかなかどうして大人も楽しめました。事前によく調べていなかったので時間配分が良くありませんでした。ハードディスクの中身、ばらした携帯電話、オーロラのビデオ、宇宙線を見てみようetc、JAXA角田宇宙センターも出ていました。

Scan10089 Img_6125 Img_6138

2011年7月 9日 (土)

王さん角田に来る

 WCBF少年野球教室が、今日角田市野球場で開催され王会長が角田市を訪れ少年野球チームの子供たちを励ましました。今日は、角田市のほか津波で被災した亘理町や山元町の野球チームも参加しました。子ともたちはその後元プロ野球選手から野球の指導を受けていました。

Img_1362 Img_1365 Pic_0042

2011年7月 8日 (金)

水電池

 災害時用「水電池」を買って見ました。偶然記事をみつけたので、タイプは単3タイプで3本で600円です。1本200円なので面白いので買ってみたものです。普段は電圧はありませんが使用の際は付属のスポイトで水を注入、科学反応で発電するようです。LEDライトやラジオに使用とあるもので電流はあまり取れないとかとも思います。どの程度使えるのか試してみます。詳しくと調べたい方は水電池で検索してみてください。

Img_6111

2011年7月 7日 (木)

アメリカシロヒトリ

 今年は今までになくアメリカシロヒトリが多く発生しています。気づいたときは柿の木にも発生していました。この木には今まで発生したことはありません。仕方なく農薬を買って消毒しています。改めて周りを見回して見ると、桜の木の葉は、3分の2が無くなっていました。花見月の木にもついていました。近所のおばさんに聞いてみると似たような状態でした。気候のせいなのかはわかりません。

Img_6125d Img_6117 Img_6127

2011年7月 6日 (水)

刈り取りを待つ菜種畑

 我が家の堤外地の菜種畑の菜種が収穫を迎えています。遠くから見るとくすんで良い色ではなく、近くでもぱっとしない色です。米や麦と比べるとだいぶ違います。色合いのせいでしょうか、梅雨の合間の晴れ間を見ながらコンバインで菜種の刈り取りが始まります。収穫後は圧力を加えて油を絞り菜種油になります。

Img_6113 Img_6116

2011年7月 5日 (火)

ホールパンチ雲

 最近インターネットの記事で「ホールパンチ雲」の記事を見つけました。記事を読み、調べてみるとくもの写真と解説もありました。2007年にそれらしい雲を見て写真に撮っていました。ただ、名前もわからずそのままにしていました。この雲の名前は正式名称ではないようです。別名を穴あき雲ともいうようです。最近「雲のカタログ」という本を買いましたがこの名前はありません。その後このような雲は見ていません。

Pb030036 Pb030035

2011年7月 4日 (月)

雑貨店から蔵の博物館へ

 先にお邪魔した村田町の雑貨店(かねしょう商店)の記事が今日の河北新聞に載っていました。被災の少なかった雑貨店を蔵の博物館にリニューアルするとのことです。店のだんなさんと奥さんのお話は大変楽しいものでした。雑貨店なのですが紅花茶があったり店の中に入るとなにか懐かしさを感じる雰囲気です。オープンが楽しみです。

Scan10087

2011年7月 3日 (日)

鳥居も修復され

 3月11日の地震で壊れた地元の住吉神社の鳥居が修復されていました。以前はすべて石造りでしたが、よく見ると修復した部分は鉄で作り上の部分の重さを少なくしたと思われます。春祭り時に修復のために寄付が集められていました。

Img_6087 Img_6088 Img_5304

2011年7月 2日 (土)

水準点

 地震以後、山には全く行っていません。そんなわけでブログのタイトルに会うような記事がありません。山に行き時には地図が必要ですが、地図あるものの中で高さの基準が水準点です。1等は全国で88箇所ありますが近くてでは山元町役場の前にあります。標石の周りはさすが1等、厳重に管理されています。

Img_5935 Img_5937

2011年7月 1日 (金)

ホタルとISS

 今晩のISSの軌道がうまくするとホタルと一緒に撮れるのではないかとホタルの出るところまでいきました。先日行っていたのですが、数が少なくどうなるかと思いながらISSに向けていました。結果は写真のとおりで、上の筋はISSで下のわずかの線がホタルでやっと1匹カメラの前をかすめました。ホタルの数は見ててもやっと2匹、ISSは見えなくなり本日はこれで終了です。

Img_1346

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »