フォト
無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

明日から6月

 昨年の11月ブログを始めてから7ヶ月が経とうとしています。地震発生後は毎日、地震関係と原発関係のニュースが大部分を占めてます。しかし、昨年の6月13日の深夜小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還しカプセルを無事オーストラリアの砂漠に落下させました。カプセルは東北では始めて角田にも来ました。はやぶさは日本国内が日本の技術に酔いしれました。しかし、3月11日の地震による原発の事故は日本の科学技術の信頼を落としてしまいました。想定外という言葉がよく使われますがはやぶさと原発の想定を比べてみると非常に興味があります。技術試験衛星と商業用施設では比べるのに無理がありますが、どのような想定をしたか考えてみる必要があります。想定では私のブログアクセス数はもっと少なく見ていました。先ほどのカウント数は4861件でした。ブログのタイトルと内容が違っていたりしますが7ヶ月を振り返りこれからを考えてみます。最近は天気も悪く良い写真がありませんのでJAXAからはやぶさの画像を借りました。私の自己満足の内容を見に来ていただき感謝申し上げます。

3238a11753f88fa534539add9e35f57e

2011年5月30日 (月)

放射性物質の飛散

 今日の河北新聞に安達太良山や吾妻山で放射性物質を検出したとの記事がありました。特に濃度が高いのが標高1300m付近とのことです。安達太良山の北に箕輪山がありますがその東斜面が多いようです。3月15日の9時の天気図では関東の南東沖に弱い低気圧がありました。飛散開始は良くわかりませんがこの低気圧に吹き込む低層の風が影響したものと思われます。高層は偏西風が吹いていますので、原発から飯館村からその先に霊山(825m)があります。霊山からのパノラマ写真を載せてみました。写真2段目150度方向に霊山と飯館村の境の佐須峠その先が飯館村です。また、3段目の300度方向は保原方向です。福島盆地から低いところを風が通りその南東斜面の放射線量が多いことが各市町の観測結果から伺えます。

Scan Photo

2011年5月29日 (日)

我が家の放射線量

 今日、我が家に来たお客様が放射線量を測定する測定器を持参していたため計ってもらいました。その結果、玄関前の屋外では0.333、茶の間では0.075、我が部屋の机の上では0.145μsvでした。屋外は角田市内の測定結果からそのくらいと思います。茶の間はサッシのガラスがペアガラス、我が部屋は1枚ガラスです。多少の誤差があるにしても屋内では約半分以下、ペアガラスなどの標準的な部屋は4分の1くらいと見ればいいのかと思います。コンクリートの建物では10分の1くらいになっているようです。七ヶ宿町の牧場の放射線がマスコミで報じられていましたが牧場はダムを過ぎ右に曲がり長老湖向かう途中のようです。蔵王の南斜面になります。福島県川俣町と旧月舘町の境に女神山がありますが女神山から蔵王方面を見ると蔵王が遠くに大きくそびえて見えます。山岳展望ソフトで女神山から蔵王方面のCGを作ってみました。CG、写真は画面をクリックすると大きくなります。

Img_5941_2 Photo_2

2011年5月28日 (土)

直売所

 角田市内には多数の直売所がそれぞれ特徴があります。普段は枝野3区の舘島田ゆうらく会、5区のたんぽぽですが、今日は西根のあぐりっとが3周年なので行ってみました。構成員の中には同級生もいますし、無関係でもないものですから、時々小雨も降る天気だったのですが同級生の話では予想よりお客様は多いとのことでした。あぐりっとは担い手農家が立ち上げた直売所です。帰りがけに手代木沼の駐車場にあるほとりの市にもよって来ました。ほとりの市にはおはぎを売っているのでお昼のためです。

P5280018 P5280020 P5280021

2011年5月27日 (金)

かくだの里から笑顔と元気を

 震災から2ヶ月を経過し震災復興のムードを盛り上げるために東日本大震災復興キャンペーン統一スローガンが決まりました。「かくだの里から笑顔元気を」です。21日、22日開催されたJAの復興支援市でも掲げられていました。阿武隈急行角田駅前にも掲げられこれから開催されるイベントで使用されるようです。二つの丸は「助け合いの輪」と「こころのつながりの輪」とのことです。

1 Img_5923

2011年5月26日 (木)

放射線量

 原発の報道が2点3点していますが、一方では測定の結果、新たな放射線量が発表されています。丸森町営牧場の牧草から検出されましたが昨日は七ヶ宿町の牧草から検出されました。七ヶ宿町も広いのでどこかがわかるといいのですが、先日の河北新聞に放射線が拡散した風の内容の報道がありました。当日の風は停電などでアメダスのデータがなく個人のレベルではわかりません。県内でも市町村ごとに観測点が多くなり傾向が見えてきました。また、伊達市の霊山地区で自主避難をしています。この地区は、飯館村から佐須峠を越えた霊山の南斜面になります。やはり地形の影響があると思われます。霊山の南斜面のCGによる鳥瞰図作ってみました。画像は全てクリックすると拡大します。ただし、私のPCで作ったものですがこんなものでしょう

Slnyh

2011年5月25日 (水)

入梅もまもなく?

 今日の夕方は東風が入り少しひんやりしてきました。深山の上には海風による上昇気流により雲がかかってきました。九州南部は5月23日に平年よりも8日早く梅雨入りしました。東北南部は平年値の改正により2日遅くなりましたが6月12日頃です。沖縄も平年より9日早く同じようになれば、あと10日もすれば梅雨になります。週間天気も明日から晴れマークがありません。梅雨の走りとなるのか?、梅雨入りは1991年以降6月2日が1回、6月3日が3回あります。5月15日にエンデバーが打ち明けられちょうど27日から夜中に肉眼で見ることができるのですが晴れマークがありません。、写真は深山にかかる雲と蔵王に入る太陽です。

Img_1274 Img_1270

2011年5月24日 (火)

菜の花も終わり

 我が家の土手外の菜の花畑の花も終わり実をつけています。これからは実が実り菜種になり6月末に収穫になります。菜種の鞘も大きくなっています。写真のとおりです。今日の夕方は空中のもやなどもないため肉眼ではまぶしすぎて太陽を見ることができないのですが、以前買っていた減光フィルタを使ってみました。絞りで3減少します。写真では周りは暗くなりますが丸い太陽の写真を撮ることができました。フィルタの購入の目的は別なのですがこんな使い方もできるものわかりました。太陽の写真以外はフィルタは使用していません。

Img_1259 Img_1244 Img_1245

2011年5月23日 (月)

測定震度と震度

 地震が発生すると震度が発表されますが、震度は大分前は人の感覚で測定していましたが現在は加速度と卓越周波数によって測定されます。加速度は南北、東西、上下と3成分合計と卓越周波数により測定震度とが表示されます。その測定震度から0.5未満は0、0.5以上1.5未満は1、1.5以上2.5未満は2、2.5以上3.5未満は3、3.5以上4.5未満は4、4.5以上5.0未満は5弱などです。そのため、測定震度が3.4の場合は震度3、3.5の場合は4になります。わずか0.1違いで対応がまるで違います。最近は余震もすくなりましたが、震度が気になります。映像は防災科学研究所で頂いたものです。

Scan10053

2011年5月22日 (日)

かくだの里から笑顔と元気を!

 かくだの里から笑顔と元気を!がんばろう!宮城と題して東日本大震災復興支援市in角田がJA角田地区本部で昨日と今日開催され、野菜苗、花苗などの即売会が開催されました。例年のグリーンフェアが中止になりましたが、急遽内容を一部変更して開催したこと、昨日、一昨日と最高気温が30℃近くまで上がりましたが、今日はお昼の気温が12.5℃で寒く時々雨も降る天気になり私が行ったときはお客さんも大分すくなかったようです。今日2回目の記事になりましたが、昨夜は分は何を書こうか考えているうちに日付が変わってしまいました。タイトルは同じだったのですが内容は当初考えていたのとすっかり変わりました。いろいろと考えるのもまたいいものかとも思います。

Img_5907ja Img_5909ja Img_5908ja

津波災害は繰り返す

 角田では幸い津波災害はありませんでしたが今回の地震では津波災害でした。今回の地震に関して、西暦869年7月13日の貞観地震が話題になっていますが、東北大学の箕浦教授が2001年6月30日発行の東北大学の広報誌(まなびの杜№16)で「津波災害は繰り返す」で指摘をしていたようです。広報誌「まなびの杜」は昨年10月はやぶさ実物大模型が東北大学で展示されていたのを見にいった際にはやぶさ関連が掲載された№53を頂いていました。画像は直接地震は関係ありませんが№53です。

Scan10052

2011年5月20日 (金)

地震メカニズム

 今日の新聞に3月11日の地震についての記事がありました。地震は破壊が4回あったこと。動的過剰滑り・・・新聞記事なので一般の人でも理解できるのかどうかですが、これだけではM9が理解できません。雑誌ネイチャーダイジェスト5月号の表紙もあげましたが、雑誌の中では、地震の記事を期待したのですが量はわずか1ページでした。タイトルは「予想外の場所で発生した巨大地震」サブタイトルは「ほとんどの専門家は、日本の三陸沖の地震帯がこれほど大きな地震を引き起こすとは思っていなかった。」です。レポートの内容を私がここでうまくは説明できませんが、レポートの中で、この地震は非常に大きかったが、蓄積されたひずみがすべて開放されたわけではなく、M9の地震が発生した今でも、この場所にはまだなぞが残っていますと記載しています。今回の地震はまだまだ解明されていません。

Scan10051 Scan10050

2011年5月19日 (木)

里山のシーズンは終わりましたが

 地震前に柴田町で設定したコースガイドをいただき歩きました。3月中には詳しいガイドブックを作る予定だったようですが、地震のため遅れていたガイドブックが昨日送っていただきました。モデルコース6コースの地図とコースタイムが書かれています。コースは、深山、猪倉山、愛宕山、鐙摺山、韮神山・羽山、舘山です。里山は葉も茂り、草も出てきて整備されていないと歩きにくくなりますが、前回良い写真の取れなかった所は行ってみたいと思います。角田市バージョンも考えてみたいと思いますが、隈東は良いのですが、隈西でよいところが少なく迷っています。

Scan10049

2011年5月18日 (水)

季節ウオッチング鳥編

 今朝も早くからカッコウが鳴いていました。昨日カッコウの声を聴き、春からの鳥ウオッチングは終わりです。今年は、3月2日のひばり、3月15日のウグイス、4月10日のツバメ、5月16日のホトトギス、そして昨日のカッコウと2005年から記録をとっています。途中漏れているのもありますが、ツバメ以外は鳴き声なのでわかりやすいので、季節の移りを感じるのもいいものです。今朝はすばらしい青空でした。蔵王の残雪も少なくなり、菜の花畑の菜の花も実をつけ黄色が少なくなり、緑が多くなりました。鳥の写真は私のレンズでは撮りません。

Img_5605 Img_5612

2011年5月17日 (火)

EsでQSO

 今日の夕方、カッコウの声を聞きました。去年、一昨年は19日なので2日早く聞きました。ホトトギスより遅くなりましたが今年の初聴きです。今日の夕方は強いスポラディックE層「Es」が出ていました。宇宙天気情報センターのEs情報では国分寺の臨界周波数が14.9MHzまで上がっていました。宮崎のビーコンも599で受信、50MHzで福岡、岡山、香川の局と交信しました。福岡の局は角田に来たことのある方で梅寿司で食べことがあるようでまた来たいとのことでした。画像は宇宙天気情報センターのHPと我が家のすずらんです。

Scan10048 Img_5875

2011年5月16日 (月)

次の地震は

 ここ数日気温の高い日が続いています。今朝ホトトギスの鳴き声を聞きました。初鳴きを数年前から記録しています。05年が5月20日、06年が5月21日、07年が5月26日で08年からは記録なしです。記録している年はホトトギスよりカッコウの声が早いのですが今年は逆転しました。大地震後科学雑誌では地震と原子力の特集があります。ニュートンの6月号も予定を変更して地震と原子力です。今回の地震は今までの地震学では説明がつかなく理由がはっきりしません。そんな中で、6月号の記事の中で「今回の地震の影響で地震が発生しやすくなった地域は?」がありました。私が気にしていた双葉断層は発生が抑制されたようです。どこまで信頼してよいかは別として少しほっとしました。我が家のブルーベリーの花も咲きました。パソコンに向かう時間が多いので早く食べられるようにです。

Scan100471 Img_5570

2011年5月15日 (日)

仮堤防も完成

 都合により今日も山元町の派遣になり、延べ11日行ったことになりました。被災現場には行けませんが、今週末からは職員は出ていますが一般教務は休みになり少しづつではありますが日常に向かっています。我が阿武隈川の地震で被災した堤防の仮堤防も完成しました。昨日の夕方、私は自転車で犬をつれて見に行きました。重機もなく静かになっていました。我が家の脇の堤防も重車両で痛んだ舗装も復旧していました。矢板による仮堤防を対岸から見ると鉄の要塞のようにも見えます。対岸の枝野中島の船着場から見た写真も載せました。

Img_5887 Img_5888 Img_5895 Img_5829

2011年5月14日 (土)

丸森いち

 今日と明日が丸森いちです。大震災により今年はあるのかと思っていたのですが、昨日新聞折込がありました。風が強かったのですが天気もよく午前中は人出も普段の年と変わらなかったと思います。昨年との違いは震災の義援金の受付やしし鍋チャリティ試食会がありました。募金箱があり募金をしてからしし鍋を頂きました。昨年は耕英地区の出店がありいわなやイチゴを売っていたのですが今年はありませんでした。会場で阿武隈ライン保勝会の方とお話をする機会がありました。齋理屋敷もかなりの被害を受けていたようです。

Scan10045 Img_5862 Img_5865 Img_5861

2011年5月13日 (金)

放射能・黄砂

 昨夜はまとまった雨が降り放射能はどうなっているのか気になりました。表面のものが流されると思ったからです。地震後あまり雨の記憶が無かったので、改めて過去のデータを見ると4月19日にも降っていました。その日の夕方は雪も降りました。もう流れるものは流れてしまったと考えたほうが良いのでは、今日から角田市のHPに小学校や中学校の放射線量のデータが公表されました。このデータを基に適当な地図を探して分布状況を作ってみます。昨夜の雨の後、西風に乗り今日の午後から黄砂がひどくなりました。上空の風に乗って中国から飛んできています。300hpaの天気図を見るとかなり風が強いようです。視程も10km程度だと思います。このようなときのは夕日が赤くなるのでカメラを持ってまっていたのですがあいにく雲があり丸い大きな夕日は見ることが出来ませんでした。気象庁では黄砂予報も出されています。

20110513000000 20110513180000 Img_5588 Img_5596

2011年5月10日 (火)

ナタネとカラシナ

 我が家の近くの菜の花畑も今が満開です。作柄も良いと思います。花畑を良く見ると花の大きいものと小さいものがあります。遠くから見るとわかりませんが近づくとわかります。花の大きいものはナタネですが、小さなものはカラシナの花です。写真の通りですが、今の時期河川敷に自生しているのはほとんどがカラシナです。枝野橋から上流域の畑にはところどころに菜の花畑があります。

Img_5558 Img_5544 Img_5549 Img_5550

2011年5月 9日 (月)

8J1RL

 最近お空のCNDXが良いのでSSNを見ると2月が29.4、3月が56.2と大きく増えていました。5月5日は95になっていました。その日は台山公園で太陽の黒点を見ることができました。大きな黒点が二つ見えました。お空は夜になってもヨーロッパが聞こえておりポーランド、イギリス、ギリシャ等と交信しています。また、南極昭和基地(8J1RL)もよく聞こえており5月なってから14MCW、18MCW、21MSSBと3回交信しています。CNDXは夏型になりつつあり今もDXクラスターにはヨーロッパの局が多数アップされています。写真は以前交信した8J1RLのカードです。

Scan10043

2011年5月 8日 (日)

山元町最終日

 山元町派遣も今日が最終日です。延べ10日行きましたが今回は落ち着き仕事をしました。ボランティアの受付も今日はすくない気がしました。6日、7日は角田のケーヒンからマイクロバスでボランティアが来ていました。角田から山元町の役場に行く時はトンネルからアップルロードを通り行きます。6号線が混むので前回の途中からこの道を通っています。ちょうど今りんごの花が満開でしたので、帰りに車を止めて写真を撮ってきました。

Img_5848 Img_5853 Img_5855

2011年5月 7日 (土)

がれきの山

 今日も山元町です。早めに出て坂元地区を見てから行きました。津波の被害を受けた場所のがれきもだいぶ片づけが進んでいるようです。一方集められたがれきの山はうずたかくなっていました。今回の派遣は明日までです。

Img_5841 Img_5840 Img_5843

2011年5月 6日 (金)

今日は立夏

 暦の上では今日から立秋の前日までが夏。野山の新緑、夏の気配が感じられるようになり、かえるが鳴き始める。竹の子が生えてくる頃となっていますが、今日はあいにく冷たい東風が入り昨日までと違い寒い一日でした。丸森の5月1日の最高気温が24.9℃、今日の亘理の最高気温は13.4℃で10℃以上も下がりました。朝に庭の洗面器にトカゲが2匹入っていました。夕方見るとそのままでした。入ったものの出れなくなったのでしょう。今日は曇っていたため大丈夫だったのでしょうか。よく見ると少し模様が違うのでオスとメスと思います。写真を撮って逃がしてやりました。今日から3日間山元町に派遣です。役場に行って見ると被災した庁舎を解体し、仮庁舎を建設するために一部の駐車上に柵ができ、別な場所が駐車場になっていました。1ヶ月前と比べると、職員の服装や雰囲気も違いだいぶ落ち着いたようでほっとしました。一方で体調を壊して休んでいる方もいようでした。間もなく大震災から2ヶ月、体調に気を使いながらがんばりましょう。

Img_5835

2011年5月 5日 (木)

あつまれ元気広場

 宇宙っ子まつりが大震災のために中止になりましたが、一部の団体の有志で規模縮小して実施することになりました。スポコムかくだが中心なり「あつまれ元気広場」として進めてきました。角田に避難している子供も参加していました。チラシではペットボトルロケットはありませんが広場で子供たちにロケット打ち上げをしました。イベントは阿武隈天文同好会の星のスライドショー、太陽黒点の観察、チラシにもありますがニジマスのつかみ取りはいつも盛況です。今回は、実物大ロケットの中に小学生のタイムカプセルを納めました。ロケットの噴射口から煙のようなものを出すことにしたのですが、リハなしだったのでそれなりの音は出たようですが煙はイマイチのようでした。私はロケツトの中からボンベのガスを出したのですが予算が無いのでリハーサルが出来ませんでした。また、コスモハウスでは大きなちぎり絵をつくりメッセージを書き込みました。

Scan10042 Img_5778 Img_5784 Img_5791 Img_5810 Img_5821

2011年5月 4日 (水)

イベント中止でも

 今回の大震災により4月、5月のイベントが中止になっていますが、菜の花はいつもの通り咲いています。出店は少ないのですがお店もありお客様も来ていました。咲き具合はいつもより遅いようです。明日は台山公園で子供たちのミニイベントです。ロケットの中に小学生がタイムカプセルを入れます。また、ロケツトから煙を出す予定です。オレンジ色の写真はロケツト内部です。私たちは水ロケットの発射です。材料は展望台下の倉庫です。倉庫の床は金網で下が見えます。なれたので最近は気になりませんが最初はいい気分ではありません。

Img_5748 Img_5752 Img_5771 Img_5761

2011年5月 3日 (火)

休みも返上し堤防復旧

 休みも返上し堤防復旧が進んでいます。朝は堤防を矢板や資材を積んだトレーラーが通り日中は土砂を積んだダンプが行き来しています。日中の作業の状況は見ることが出来ませんが早朝現場を見に行ってきました。矢板で仕切った中に土砂を入れた仮堤防の形が見えてきました。仮堤防が出来た後にどのように本堤防を復旧するのかわかりませんが急ピッチで進んでいます。

Img_5719 Img_5726 Img_5728 Img_5730 Img_5734

2011年5月 2日 (月)

今日は八十八夜

 立春から数えて八十八日目になる今日が八十八夜です。「八十八夜の別れ霜」と言う言い伝えがあります。この時期、遅霜に悩まされますが、遅霜の一つの区切りともいていたようです。また、この辺では八十八夜の日に、山に登っていたようです。深山等、角田と山元の境の山に山の東西から登り交流していたようです。理由はわかりません。私の西の河川敷の菜の花も見ごろを迎えつつあります。この菜の花は油を絞るものです。庭の芝桜もきれいに咲いています。

Img_5711 Img_5714

2011年5月 1日 (日)

めぐろエコの森

 地震後、災害復旧、支援などあわただしくすごしているうちに5月になってしまいました。先日、めぐろエコの森の様子を見に行ってきました。昨年末に山桜を植えましたが今年は花はまだですが新芽は出ていました。下草の緑も目立ち始め所々にスミレも咲いています。H2ロケットと蔵王も見えました。大きな山桜は今が見ごろです。私は山には、ソメイヨシノのより山桜があいます。

Img_5686 Img_5688 Img_5692

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »