フォト
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

鈴木気象予報士

 26日土曜日の午後、環境フォーラムが市民センターで開催され、鈴木智恵気象予報士の「だめだっちゃ地球温暖化」と題した講演が行われました。鈴木予報士とは以前気象友の会の会員ふれあい会が仙台管区気象台で開催されたときに、一度お話を聞く機会があり楽しみしていたものでした。今回は講演が始まる前の時間にお会いしお話をする機会がありました。講演の内容も元アナンサーをしていたこともあり滑らかで、お話の内容も良いものでした。講演が始まる前に演台の上に何種類かのペットボトルが並べられており、ペットボトルのリサイクルとの関係があるのかと思っていたのですが、実験のためのものでした。一つは雲を作るため、二つ目は竜巻の渦と同じ渦をつくるため、三つ目はCO2が水に溶ける実験用でした。やはりスライドだけでなく実際に見ると違うものだと思いました。写真はご遠慮くださいとのことでフォーラムチラシをHPからダウンロードしたものです。

200008328

2011年2月27日 (日)

林道から四方山

 目黒の森もあり上まで車で行きそ、こから下るだけではつまらないと思い植林地から林道に通じる道を探しました。林道から上り口を探すのは困難なので、上から下ることにしました。作業道らしきものがありましたので、ちょうど無線で話しながら車で四方山に登って行きましたが、その話しを上で聞いていた方が上に着いたときに話しかけられ、林道に下ったところで待っててもらい上まで車に乗せて頂くことになりました。おかげで早く済みました。道は作業道がありましたが、竹が生い茂りバラもありますが大丈夫です。今度は下から目黒の森をとおり四方山まで行って見ます。今日歩いたGPSの軌跡と道の写真です。

Scan10025 Img_5093 Img_5097

2011年2月26日 (土)

最後の山 猪倉山

 柴田町から頂いたポスターに載っていた山で最後になった猪倉山(いのくらやま)に行きました。ふもとまで軽トラックで行きましたので、標高差150mを20分ほどで一気に上りました。今までの中では一番展望の良い山となりました。頂上直下に松枯れにより伐採したため皮肉にも良い展望の場所が出来ました。あいにく霞がかかったようで遠くを見ることが出来ませんが柴田町方面から角田方面を見た場合の一番良いところだと思います。この山の存在は2007年に聞いていました。2007年が猪年で猪の字のついた山に来て、1月1日に無線に出ていた方とQSOしていました。その方の記念でしょうか(写真)。しかし山のデータがないために行かないでいました。ポスターにはそのほかに愛宕山と舘山がありますが以前に行ってたので今回は行きません。次は地図に名前の載っていない角田の山に戻ります。

Scan10024 Img_5065 Img_5221 Img_5211

2011年2月25日 (金)

枝野にも温泉

 ブログのネタ切れ対策用に撮っておいた写真から、 ブログを始め今まで見ることのないもの見るようになりました。その中で「角田市の文化財第18集 みどころ訪ね歩き」を見ていたとき枝野でも温泉があった記事を見つけました。また、平成12年発行した「枝野郷土誌」にも同じ記事があり写真を撮っていたものです。内容は、百枚田温泉記念碑です。枝野を小斎峠に向かい、峠の500mほど手前のパーキングの峠に近いほうに石碑があります。碑の概要は この温泉は明治23年木幡助三郎翁よって発見され・・・・明治28年温泉を開く・・・・・しかし長くは続かなかったようです。文章は途中省略、枝野郷土誌の編集にちょっとだけお手伝いしたのですが協力者に私の名前もあります。

Img_5052

2011年2月24日 (木)

今年の最高気温

 今日は今年の最高気温を観測しました。今日一日の最高気温はHP上では明日にならないと見れませんが午後3時の気温は17.6℃でした。日本海北部に低気圧があり東海上の高気圧の周りを南風が入り気温が上がったものです。前線が通過した後は気温が下がります。今日の画像にウィンドプロファイラによる風の様子を上げてみました。ウィンドプロファイラは上空に電波を発射し風の乱れによって電波が散乱し戻ってくる電波の変化(ドップラー効果)を観測して風の様子を見ています。画像は全て気象庁のHPです。

11022415 20110224150000 201102241500001

2011年2月23日 (水)

彩雲と幻日

 最近の写真ではありませんが太陽の光と雲の芸術でしょうか、写真は左上が彩雲(さいうん)、中央下が幻日(げんじつ)です。彩雲は慣れると比較的見ることはできますが、幻日はちょつと難しいかと思います。なお、一枚の写真の中で二つを見ることはもっと難しいのです。このときは、幻日の写真を撮っているうちに良いタイミングで彩雲が現れました。色は薄いのですが、写真は、写真の上でクリックをすると拡大します。

Img_4232

2011年2月22日 (火)

金ケ瀬さくら大橋

 先日大河原町の運転免許センターに行った際に、角田から毛萱トンネルを抜け、村田に向かう途中の白石川に架かる橋の工事現場見ました。橋の名前は金ケ瀬さくら大橋のようです。橋脚が下の方はできていました。完成は平成24年度末のようです。工事現場から少し離れたところに水辺公園があり白鳥と鴨がいました。このように以前に餌付けをしている所の白鳥は人が来るとよってきます。内町湖も手代木沼もそうでした。阿武隈川の白鳥は人が行くと離れていきます。そう言えば鳥インフルエンザで餌付けができなくなったのはいつからだったのかな

Img_5063 Img_5055

2011年2月21日 (月)

アフリカとの交信

 先週末から活発化した太陽活動は今週も持続しています。SSNは昨日、今日と103を示しています。アフリカの交信していない三つの一つ、西アフリカのギニアビサウ共和国と先週末にやっと交信できました。コールは、J5NARです。ハンガリー人でセネガルからもQRVしているようです。QSLカードが来てみないとだめでが、残りは西アフリカの、赤道ギニアとアンノボン島だけとなりました。以前、ペディションがあったのですが交信できずでした。その外には、カメルーンのTJ9PFとも交信できてログサーチで確認済みです。TJ9PFは、USAとEUのチームです。

Photo

Scan10023

2011年2月20日 (日)

鐙摺山

 もう一つの山、鐙摺山(あぶすりやま 256.3m)です。当初行く予定はなかったのですが時間があったのでそのまま行きました。地図を用意していなかったので写真からです。道路脇に写真のような直売所があり、そこのおじさんに山のことを聞いていきました。舗装道路を進んでいくと変なところに出てしまいました。途中で曲がるのを気づかなかったのです。道を戻り入り口(地図の12付近)を探して山に入りました。ルートには黄色のテープがあるのですが写真のルート以外にもあり迷います。写真では、道から入って北上するルートになっていますが、山を回り込み裏から登ることになりました。三角点のある頂上につき戻るときにもう一つのピークに行くと石碑がありました。その石碑のところから下るルートがありそこを下ると写真のルートです。後でよく見ると右に曲がるところにテープがありました。案内としてはよくありません。降りてから直売所に寄り、おじさんから山の名前の由来をお聞きしました。山には先週も女性2人が来たそうです。ここの山も車を置いた所以外は展望はありません。行っていない山あと一つになりました。

Scan10022 Img_5017 Img_5026 Img_5030

2011年2月19日 (土)

韮神山・羽山

 先週に続き、柴田町の山をめぐりました。最初は太陽の村から韮神山です。太陽の村の駐車場(四角の4)に車を置き建物の脇をとおり林道を南へ、途中から作業道、山道です。途中はほとんど展望がありません。どんどん進んでいると韮神山展望台まで来ました。展望はここだけです。せっかくなのですく下の4号線バイパス降りて展望台を下から撮りました。その後は来た道を帰ります。歩いてみるとポスターの写真ではわかりにくい、2万5千分の地図とGPSを持っているのでいいのですがなれないと心細くなります。途中休みましたが往復2時間です。その後、車を別の駐車場に移し羽山まで行きました。山頂には神社がありました。先週の深山もですが展望が少なくもう一度行きたくなるところではない感じです。少しだけでも展望があればいいのですが、2つの山を登った後、太陽の村に戻り昼食を済ませ次の山に向かいました。明日アップします。

Scan10021 Img_4992 

Img_4997_2Img_4988 Img_5013 

2011年2月18日 (金)

最初の雨

 今年最初のまとまった雨になり丸森でも29mm降りました。原因は南岸低気圧です。先週、移動性高気圧の気圧配置になり大きく天気の流れが変わり、その後4度目の南岸低気圧になりました。今回は低気圧の位置と上空の寒気が流入していないため雨となりました。雨と雪の境の一つの目安として上空1500m、850hpaで-6℃の位置があります。12日は日本列島がほぼ-6℃の中に入っていましたが、今朝は北海道から日本海、朝鮮半島までしか南下していませんでした。12日と今朝9時の850hpaの天気図に-6℃に色づけしてみました自分で色づけしないと記憶に残りません。たいしたものではありませんが。15日発生した大規模な太陽フレアにより低緯度でもオーロラが見られたようなニュースを聞きました。その影響もあり今日の夕方は14MHzのコンディションが良く西アフリカがロングパスで聞こえていました。ニューワンもありました。今日のSSNは50まで下がりました残念です。

2011218850hpa

2011年2月17日 (木)

宇宙天気予報

 サイクル24になりHFのハイバンドのコンディションを期待していたのですが期待はずれです。太陽活動は平均11年の周期で活発と静穏を繰り返し活発になるとハイバンドのコンディションが上がります。しかし、活動の指標になるSSNは昨年の4月には8.0で最低でした。昨年の6月の新聞記事には、弱る太陽活動200年ぶりの低水準とのあり半分あきらめていました。ところが、昨日のSSNは一時的に100になりました。今日の河北新聞の小さな記事ですが、太陽表面で巨大爆発を観察とありました。14日が90、15日100、今日は60でした。今後の予測値は少しづつてすが増加する予報です。これらの情報は、情報通信研究機構(NICT)の宇宙天気予報から知ることができます。とりあえずそのHPのロゴをアップしてみました。

Top_mainvisual

2011年2月16日 (水)

雪の舟下り

 雪が降ると喜ぶのは犬だけでなく私も同じです。いつも見られない風景を探します。今回も思いつきで丸森町の舟下りです。こたつ舟に乗って雪景色を楽しみました。楽しむと言うよりは写真撮りです。ほかのお客様に迷惑がかからないようにしています。寒さをしのぐために回りにビニールが貼ってありその中から写真を撮っています。私の乗ったときは家族連れなど10人ほど乗船していました。ちょうどお昼近くでしたので木の枝に積もっていた雪も落ちかけていたので少し残念でしたが写真としては不満でも良い記念でした。

Img_50182 Img_5024 Img_5037

2011年2月15日 (火)

角田と丸森の雛人形展

 角田の郷土資料館と丸森の斎理屋敷でそれぞれ雛人形展が開催されています。一方が資料館の展示、ほう一方は観光施設の展示です。角田の雛人形の一番価値が高いものは撮影できませんでした。全部で四部屋に展示していますがその他は撮影しましたが残念です。丸森は大きな部屋に火鉢や座布団としっしょに展示していました。その他に小さなものもあり、入り口にはウサギのお雛様がお客様を迎えていました。そもそも私が柄にもなく雛人形展に行くのは初めてです。昨年からブログを始めてネタ探しもあり今までは気にもかけていなかったものも記事にならないか見るようになりました。これも成果でしょうか、1枚目は角田のもの、2枚目、3枚目は丸森のものです。角田のメインがないので比較できないでしょうが、気になる方は角田市、丸森町のHPからどうぞ

Img_5144 Img_5047 Img_5064

2011年2月14日 (月)

光の春

 光の春を感じるようになりました。そもそも、この言葉はNHKニュースセンター9時の天気予報キャスターを昭和59年から務めた倉島厚さんの言葉です。倉島さんの著書「暮らしの気象学」を読み直してみると、私の天気予報の中で、 ロシアの季語で、いい言葉だな、と思ったのは「光の春(ウェスナ・スベータ)」である。まだ、冬で、気温は低いのに、日脚だけが延びて空が明るくなり、ある日、屋根の雪から最初の水滴が日に輝きながらポツリと落ちる。それが「光の春」の始まりなのである。この言葉は1回目のソ連出張から帰った後、天気の解説に使ったら、新聞の季節記事にさかんに使われるようになった。と記載されています。冬至から1ヵ月半、部屋に入る光も短くなりました。週末にかなりの枚数の写真を撮っています。あと何日か分のネタがあります。今日は、ちょっと趣向変えてみました

Img_5131 Img_5136 Img_5137

2011年2月13日 (日)

目黒の森も雪の中

 四方山から見た雪景色の写真がなかったので行ってきました。四方山の展望台からの展望が、木が大きくなり悪くなっていたので、保安林の関係で上のほうだけ切る話は聞いていたのですが、ちょうど切り終わっていたようで、角田の街の方面が見えるようになっていて良いタイミングでした。その後、目黒の森まで行ってみました。展望台には何人かの足跡はありましたが、ここまで来る人はなく足跡は私のだけです。吹き溜まりは長靴くぐってしまうほどでした。植樹式の時も行ったのですが、それからもっと植えていたようで植えた面積が広くなっていました。

Img_5098 Img_5111 Img_5115 Img_5113

2011年2月12日 (土)

予報どおりの雪

 昨夜から降り始めた雪は、深いところでは20cmくらいになりました。いつものように愛犬と散歩をすませ、いつもの所に白鳥を見に行きました。雪が降る中でじっとしていました。白鳥も対岸から撮っているのと雪が降っているため、暗いのであまり良い画像にはなりません。先日お会いした方も私より先に来ていましたが今日は早々と帰りました。その後、丸森町を周り帰りました。まだ途中だれも走っていない土手を走りましたが全て真っ白で路肩が見難くゆっくりと走りました。ちょうどスキー場で曇りの日は、こぶが見難いのと同じようでした。

Img_4949 Img_1184 Img_1198

2011年2月11日 (金)

もう一つの深山

 柴田町で「空から見たふるさと柴田」というポスターを作りました。航空写真に柴田町7山のコースを入れたものです。河北新聞に掲載されたために役場に電話をしていただいたので出かけてみました。今日は深山です。角田と山元の境にもありますが、今日は岩沼市と柴田町の境です。写真のP1から軽トラックでいけるとこまで行きそこからは歩きです。往復2時間くらい歩きました。しばらく歩き始めると尾根にでてグリーンピア岩沼との境に出ます。尾根伝いに歩き途中に送電線の下に出ると管理用に刈り払いされていて唯一展望がありますが、西の方面だけで角田方面は見えません。写真は太陽の村です。そこから少し歩き東に向かうと深山です。山頂からの展望はなくベンチと郵便受けがありました。郵便受けにはノートが入っていて山に来た人が思い思いに書いていました。私もちょっと書きました。そこからもう少し行くと三角点、千貫山があります。三角点の写真をとり後は帰路につきました。車に戻り次の山の目星を探して帰りました。

Scan10013 Img_4906 Img_5001 Img_4921

2011年2月 9日 (水)

南岸低気圧

 今日は朝から雪になりました。今年初めての南岸低気圧によるもので、以前は台湾坊主とも言われていました。2月頃から日本の南岸を通過する温帯低気圧ですが寒気の流入と陸地からの距離で大雪になったり、雨になったり予報が難しい低気圧です。今週はじめから11日から南岸低気圧が発生して雪になる予報が出ていますが、予報の確率は11日、12日は低く、13日の確率が高くなっていました。今朝の雪は話題になっていませんでした。この記事を書いている時間に、NHK BShiのプレミアム8で、世界一遠い島、ウィキペディアでは世界一孤立した有人島としてトリスタン・ダ・クーニャ島の番組を放映しています。この島とQSOしているのかと調べると2002年2月21日にZD9IRとQSOしていました。今日12時の天気図とせっかく咲いた雪をかぶった福寿草と菜の花畑の様子です。

11020912 Img_1161 Img_1163

2011年2月 8日 (火)

冬日解消

 1月2日から続いていた冬日がやっと途切れました。昨日、2月7日の丸森のアメダスの最低気温が0.5℃までしか下がりませんでした。午前1時頃に記録しているのですが、その後寒冷前線に向かって南風が入り気温が急に上がっています。前線通過後は強風になり列車も運休が相次いだようです。ちなみに、丸森の最大瞬間風速は23.5mでした。夜は風が強く体感温度低かったのですが氷点下までは下がりませんでした。タイトルと写真は? 先週末の内町湖の白鳥です。なんとなく寒いイメージはないのですが、看板が気になります。

Img_4792 Img_4794

2011年2月 7日 (月)

福寿草が咲いたよ

 今朝は氷点下になりませんでした。しかし、寒冷前線が通過し冬型になり昼前から強い風が吹いています。現在の外気温は2℃、夜中までマイナスにならなければ冬日ならないのですが、我が家の庭で風の当たらない陽だまりに福寿草があり、一週間ほどまえから花目は出ていたのですが、5日の昼に見るときれいに咲いていました。この寒さの中でも春は近づいています。もう一枚は5日の夕方の夕日と白鳥です。ちょっと霞がかかったような状態なので丸い夕日になり、白鳥と川に映る夕日です。オートで撮っているため逆光で露出オーバーになり色の出が少なくなりました。

Img_1154 Img_4949

2011年2月 6日 (日)

七峰山

 阿武隈山系の一番北の三角点の山に七峰山と書いて「ななうねやま」があります。槻木大橋の東で標高124mあります。昨年一度トライしたのですが時期が遅く草が茂り、葉も大きくなり断念しました。今回は草も葉もありません。亘理町の神社の方から登りました。山砂利採取との境の藪をしばらく登ると山砂利を取った跡に出ました。そこで測量をしている人に会いました。苦労して藪を来るよりも楽なところがありました。話をすると私だけでなく来ている人がいるようです。山頂は展望がありませんが砂利採取地を登りきったところからは概ね180度見渡せます。一方、七峰山縦走コースと言うものがあり、旅行会社がツアーを組み年に数回募集しています。こちらは、小斎峠から鹿狼山まで七つの峰を縦走するコースです。

Img_4823 Img_4815 Img_4820

2011年2月 5日 (土)

直売所たんぽぽ

 枝野5区皆さんが運営している直売所がたんぽぽです。しばらく行っていなかったのですが、このまえよった際においしいイチゴがあったので、今日も行ってきました。店でそのパーケージの話になり、作っている方のにがおえで苦労なされたとのことです。だんな様はそういえばいつも手ぬぐいを頭に巻いてしました。写真はそのイチゴと直売所とイチゴハウスです。スーパーよりはおいしいです。近くを通ったならよってみてはいかがですか

Img_1144 Img_4796 Img_4798

2011年2月 4日 (金)

2月到着カード(海外)

 今日は立春で暦のうえでは春です。どちらかといえば例年は一番寒いのですが、今年は立春にあわせるように暖かくなりました。気象庁の今年の1月の気象の解説のトップは「冬型の気圧配置が続き日本付近に断続的に強い寒気が流れ込んだ影響で、1月としては1986年以来の全国低温となり、西日本と沖縄・奄美の気温はかなり低かった。」でした。昨日に続きQSOしたカードです。エストニア3局、パラグアイ1局、ミクロネシア1局、イタリア1局のカードをアップしました。

Scan10015 Scan10016

2011年2月 3日 (木)

2月到着のカード(国内)

 昨日から移動性高気圧の気圧配置となり穏やかな天気となっています。昨年の12月からほぼ1ヶ月以上冬型の天気が続きました。最高気温が10℃を超えたのは昨年の12月28日以来です。最低気温は1月1日0.2℃とかろうじて0℃を超えましたがその後は毎日氷点下です。昨日JARLからQSLカードが届きました。今日は国内の記念局4枚をアップします。明日は特別なことがなければDX局のカードをアップします。エストニアのカード3枚ありました。

Scan10011

2011年2月 2日 (水)

VP8ORKゲット

 南極海の諸島のサウス・オークニー諸島からQRVしているVP8ORKと14MHz CWでQSOすることができました。残り少ないDXCCのひとつです。コンディションも悪く毎日かすかに聞こえている状況ですが、昨日の夜に非常にラッキーな形でQSOできました。今朝VP8のログサーチでQSOを確認しました。極地でのDXペディションは船をチャーターするなど多額の費用がかかります。今回はアメリカ人等15人の国際隊が1月27日から2月8日までの予定で運用しています。世界からのドネーションでまかなわれています。位置は地図で南極半島の上です。島の状況等はVP8HPのフォトアルバムでご覧ください。HPこちらhttp://www.vp8o.com/vp8pictures.html

Antarctica_map

2011年2月 1日 (火)

権現堂は一番?

 西根地区に権現堂という山があり、以前山からの展望をアップしましたが、これまで隈西地区で最高峰と思っていたのですが、付近の地図を見ると権現堂よりも11m高いところを見つけていたので先日行ってきました。名前はわかりません。送電線の鉄塔があり管理のために道がありました。小田側から3本目の鉄塔のところですで、写真では鉄塔の後ろになります。展望はありません。先日撮影したISSとHTVの写真をJAXAに投稿したところ掲載されました。1月25日分の上のほうから8番目にあります。

Img_4761_2 Photo

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »