フォト
無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

白鳥とキツネ

 昨日、亘理町でアメダス観測史上最低気温を観測しました。朝6時20分頃に-12.9℃と6時10分からわずか10分の間に4.5℃下がりました。その解説をTBCの天気予報で解説していました。昨日は丸森町でも冷え込みましたがそのときの白鳥です。白鳥の写真を撮っているときに、たくさんいる所の上流に行ってみると白鳥のところにキツネが近づいてきました。川辺まで来て後は藪のように行ってしまいました。いま白鳥の餌は草です。日中は牧草地で草を食べて夜は川をねぐらにしているようです。

Img_4921 Img_4933 Img_4880

2011年1月30日 (日)

今冬最低気温

 昨夜雪が降っていたので今朝早起きしませんでした。ところが起きてみると晴れていたのでカメラを持っていそいで出かけました。家を出るときには気温が-8℃と寒く丸森のアメダスでは-12.7℃今年の冬の最低を記録しました。ところが亘理は-13℃まで下がったようです。家の周りは霧がなかったのですが白鳥のいるところまで行くと霧がかかっていてちょっと幻想的な雰囲気になりました。いつものところまで行くと高級なカメラとレンズを構えて写真を撮っている人にお会いしました。角田の方で日本風景写真協会の方で名刺を頂き、ブログあるらしく拝見させていただきました。河北展で入賞しているようで私の写真とはレベルが違いすぎます。今朝は運転中にアクシデントがあり油断せず注意しないとだめですね

Img_4909 Img_4935

2011年1月29日 (土)

とうほく蘭展

 今年もとうほく蘭展に行ってきました。特にらんが好きとかではありませんが行っています。とにかくきれいな花が並んでいます。写真のとおりです。今年は臨時駐車場が無いので込み合うと思い早く行ったので開場の時間前には着きました。花をゆっくり見て、うまいもの市で昼食を買って自宅で昼食にしました。駐車場から出るときは駐車場に入る車の長い列が続いていました。出展ブースでは自治体としては多賀城市だけで米粉のお菓子などを紹介していました。

Img_4716 Img_4728 Img_4741

2011年1月28日 (金)

ファイブナインが電子化へ

 DX専門誌ファイブナインが電子化されることになりました。編集長の高齢化とのことです。1985年に創刊され26年間発行されてきました。現在のように情報が少ないときに貴重なDX情報が提供されました。今後は電子版で提供されます。リアルタイム情報もパケットクラスターから、WEBクラスターへ変わりましたが紙媒体も貴重です。私が最初に購読したのが1988年からで1月号はファンフェルナンデス諸島のハム達の写真でした。ファンフェルナンデス諸島の最大の島がロビンソンクルーソー島です。島は別としても名前は聞いたことがあると思います。昨年の2月のチリ地震津波では大きな被害が出たようです。この島からは大河原町のOMが2回運用しましたがその1回の時のコールがCE0Zで私も交信することができました。

Scan1000950 Scan10010

2011年1月27日 (木)

アイスプラント

 アイスプラントという不思議な野菜があります。ほんのり塩味、豊富な栄養があります。最初にこの野菜を見たのは、一昨年の農協祭でした。農協祭で苗を購入し育てましたが外はだめでハウスで育てたのが良くしばらく食べました。今年もそろそろ食べられるようになりました。ハウスにはそのほかの野菜はありません。野菜つくりをサボっています。

Img_11342

2011年1月26日 (水)

三角点? 疣石山

 今日もHTVの写真を撮るために早起きをしたのですが、ISSは見えたのでがHTV見えませんでした。昨日より時間が遅いため空が明るくなりHTVの小さな光では見えませんでした。軌道の関係でもう見ることはできません。藤尾の大谷地区の東に地元では三角点といわれる山があります。山名では疣石山といわれています。名のとおり疣の石があります。たぶんこの石で良いと思います。この辺では見かけない石です。山頂は展望がありません。ここも三角点がありますが明治時代の珍しい三角点の標石があるために地元では三角点といってきたのでしょうか、昔はよく地元の人も山に行っていたようですが最近は行く人も無いようです。先日行った時も踏み跡はありますが写真のようなところもあり剪定鋏でバラを切りながら登りました。

Img_4854 Img_4861 Img_4685

2011年1月25日 (火)

HTV こうのとりを見る

 22日打ち上げられた無人輸送機こうのとりを肉眼で見るとともに写真に撮ることができました。早朝の5時25分頃に最初に国際宇宙ステーションISSが通り、そのあと20分遅れてHTV こうのとりが上空を通過しました。ISSは何度も見ているので良いのですが、HTVは予想ができませんでした。さらに月の光が明るくて見えるのが不安もありました。写真は高度が高いところを通過したため光の線だけです。風景があるのがISSで、46秒開放です。光の線だけはHTVの光で25秒開放です。見え始めがわからなく見つけたときはすでに真上に来ていてあわててカメラをセットしたためアングルとしては良くありませんでした。HTVは20分遅れですのでISSの9,500km後ろを追いかけているようです。NASAのデータでは明日の朝は4,500kmに距離が縮まります。明日の朝の軌道では高度が低く見る条件がよくありませんがまたトライしています。

Img_1111htv Img_1117htv

2011年1月24日 (月)

権現堂?権現山

 角田市の西、笠島地区に権現堂という262.3mの山があります。角田の東側には四方山や深山など展望の良い山が多数あります。しかし、西側には良いところはあまりありません。その中でもっとも良いところが権現堂です。ところが残念なことにちょうど角田市街地の方に大きくなった杉木が2本立ちふさがっていて残念です。山の下の鳥居から標高差約85m、時間約10分と手ごろな眺望なのです。ぐるっと角田○○山とか、眺望の山を紹介できるものでもできればと思います。山頂からは先日のTVの富士山ではありませんが太白山がちっとだけ見えました。蔵王方面は抜群なのですが昨日は雪で雲の中でした。おまけ、地図では権現堂ですが三角点の名称は権現山でした。不思議です。今日、新聞社のHPにHTV写真が掲載されていました。HTVの軌道情報をNASAのHPで見つけましたので、できれば写真を撮りたいです。HI

Img_11011 Img_11022 Img_10853

2011年1月23日 (日)

ISS目視

 昨日HTVの打ち上げがありました。国際宇宙ステーションISSが今朝はちょうどH2ロケットの上を通る軌道であるため早起きをして台山公園に行きました。予定軌道から撮影ポイントを決めていたのですがどうも違うためグランドから上に変更しました。バルブで撮るために露出等はいつものとおりにしました。ところが思ったより空が明るくなりISSがロケットの近くを通った写真は露出オーバーで真っ白になり大失敗となりました。予想軌道を見ながら再挑戦します。写真は4秒開放で右上の短い線がISSです。今日の河北新聞に昨日の角田宇宙センターの記事があり写真に私が写っていました。

Img_1022iss

2011年1月22日 (土)

HTV打ち上げ中継

 無人輸送機HTV こうのとり が今日午後打ち上げられ分離が成功しました。当初は20日の予定でしたが天気が悪く今日に延期されていたものです。ちょうど休みと重なり角田宇宙センターでの中継を見ることができました。やはり大きなスクリーンで見ると違います。11月につくば宇宙センターでHTVの実物大の展示物を見てきましたがこれが宇宙まで行くのかと思うと感慨深いものがありました。

Img_4703htv Img_4406htv

2011年1月21日 (金)

月の入り

 日の出日の入りの写真は撮りやすいのですが、月の入りの良い写真は難しいのです。時刻が毎日早くなり特に満月の月の入りは朝になり、天気と時間の関係でこれまで良いものはほとんどありません。今朝はちょうど散歩の日の出頃に月の入りになりました。あいにく山に入ることにはなりませんが今までの中で一番良いものになりました。

Img_4843 Img_4846

2011年1月20日 (木)

和算額

 以前、斗蔵寺の和算額を紹介しましたが、小斎に鹿島神社がありますがここにも和算額があります。5枚あるらしく、お邪魔しましたが倉庫にあるとのことで写真を見せていただきました。小斎地区に算学が入ってきたのは天保(1830)年頃のことです。「まるもり歴史散歩から引用」今日は大寒です。この前の凍結した不動滝アップの写真です。

Img_0995 Img_0971

2011年1月19日 (水)

手代木沼

 白鳥の餌付けをやめてしまってからあまり見られない風景がまだ手代木沼にはまだありました。沼全体が凍りかけている手代木沼ですが上沼の桟橋の周りではいつか見た風景がありました。白鳥と鴨が戯れています。えさはやっていません。また、沼の近くに行ったときに鴨と白鳥が私の方に向かってきました。餌をもらえると思っているのでしょうか、下沼は大部分が凍っていました。水深が浅いために内町湖よりも早く凍るのでしょうか

Img_4825 Img_4804 Img_4829

2011年1月18日 (火)

少なくなった餌

 内町湖に行ったとき、山側にまだ柿の実がありました。風の当たるところは強風で落ちてなくなりましたが、風の当たらないところはまだいっぱい残っていました。鳥にとっては最後になったご馳走かも知れません。たくさんの鳥が群がっていました。近づくと逃げられますので私のカメラで撮れるのはこれが限界です。

Img_4766 Img_4773

2011年1月17日 (月)

地蔵滝

 不動滝の駐車場から少し上流に行き右手に地蔵滝があります。昨年は水も少なく氷が下までつながっていなかったのですが今年はもうつながっています。もう少しすぎれば手前もつながるかもしれません。もう少しすぎてからもう一度行ってみたいと思います。大きさがわかりにくいので今度は3脚で私が入り撮ります。そう言えば1月15日の読売新聞に雷神2号の記事が載っていました。土日の写真であと2日分くらいは記事が書けそうです。

Img_0992_2 Img_0987_2

2011年1月16日 (日)

不動滝も凍りつき

 例年この頃になると丸森町大内の不動滝と地蔵滝を見に行きます。寒さが続いていたので凍り付いていると思いでかけました。予想通り見事に氷の滝になっていました。その時私よりも先に来ている方がしました。アイスクライミングをしています。凍った滝を登っていました。一人が下でロープでサポートしながら登っています。その方の話からすると今年はいつもより早く凍りついたとのことでした。今日はそのほかに地蔵滝、手代木沼の白鳥と写真を撮っていますので次のネタとして残しておきます。

Img_09591 Img_09652

2011年1月15日 (土)

寒さが厳しく

 連日厳しい寒さが続いています。金津の内町湖でも一部は氷がはり、昨夜からの雪も解けないまま水面に浮いているようです。鴨も泳げる場所が少なくなったようです。白鳥は餌付けをしないために早々とどこかに餌取りに行ったのが一羽もいませんでした。

Img_47502 Img_4782

2011年1月14日 (金)

彩雲との出会い

 私が最初に彩雲を知ったのは2009年1月2日のこの写真からです。その後に以前の写真にもあったのですが名前も知りませんでした。その後観測をしていると案外簡単に見つけられる。最近では、太陽と雲の位置関係でかなりの確立で見ることができます。ただし、鮮やかさは別です。今日の昼休みにもちょうど太陽から少し離れたところに雲があり、雲が流れているのを見ているといい位置に来ると色が付いてきます。わりと良かったのですがカメラを持ち合わせていませんでした。

Img_2121

2011年1月13日 (木)

スプライト観測衛星 雷神

 先月東北大学ではやぶさの講演会があったときに、会場入り口の展示ホールに東北大が製作したスプライト(妖精)観測衛星「雷神」の展示コーナーがありました。1辺が50cmの立方体、重量50kgの衛星です。2009年1月JAXAのいぶきに相乗り衛星7個が打ち上げられましたがその中のひとつです。スプライトは雷雲から宇宙空間に放電がありそのときの発光現象です。写真はそのモデルです。現在2号機打ち上げに向け進行中とのことでした。

Img_4606

2011年1月12日 (水)

九九消寒図

 寒さ厳しいニュースが放映されています。お天気関係の本もそれなりにありますが、NHKのニュース7、気象情報の半井キャスターの本の中の冬の章の中にあった一説です。九九消寒図で、中国に伝わる春を待つ 〝遊び〟で「九九消寒図」というのは、五枚の花びらを持った梅花十六と一枚の計八十一枚の花びらを、白抜きで描いたもので、冬至の日から、花びらを一枚ずつ赤く塗りつぶして行きます。立春のころには半分が紅梅に変わり、やがて全枝が満開となります。と言うもので梅カレンダーもありました。

Scan10007

2011年1月11日 (火)

柿の木のある風景

 この木は長沼にある柿の木です。風景的には好きなものでなんとくほっとします。2006年に読売新聞社がこころの風景と言う写真集を発行しました。その写真集を見ながらふと思いここにアップしました。

 日の入りが遅くなりました。仙台での日没が一番早いのが12月11日頃で14時16分でした。今日の日没は16時35分で19分も遅くなりましたが、一方日の出の一番遅いのが1月6日頃で6時54分、19分早くなるのは2月9日頃です。データは天文年間から

Img_44312 Img_0893

2011年1月10日 (月)

火の玉観測センター

 斗蔵山の次は鍋森山です。写真では斗蔵山の左側でお椀を伏せたような山です。この山は、小田出身の大槻教授が高校生の時に山の頂上に火の玉観測センター開設したところです。大槻教授の著書「火の玉(ひとだま)の謎」に詳しく記載されています。大槻教授の本を図書館から借りて楽しく読みました。ぜひご一読を、また、この山は信仰の山のようで鍋森山の頂上には、空霊大権現の碑がありました。どなたか、火の玉観測センターの地として整備してみませんか、現在は雑木が大きくなり展望がだめですが木がなければよいところです。

Img_46731 Img_22292 

2011年1月 9日 (日)

静かなバンド内

 一時期の144Mhzは開きチャンネルを探すのが一苦労の時もありましたが、今は閑古鳥が鳴いている状態です。携帯電話の普及とともに少なくなり本当に無線の好きな人が残ったのかと思われます。雑誌でもモービルハムが2000年3月号で1973年からの発行をやめました。今日もローカルコンテストも終了し静かです。HFのハイバンドでは、T8、DU、8Qから日本人が運用している局とQSOしました。

Scan2

2011年1月 8日 (土)

斗蔵寺の和算額

 今年は、お斗蔵山に元旦におまいりをいていなかったため遅ればせながらおまいりし、住職さんにお願いし、前に教えていただいていた和算額の写真を撮らせていただきました。和算額は「算額とは,神社や仏閣に奉納した数学の絵馬である.」和算額のHPに記載されています。ぜひ、お参りとともに住職さんに見せていただく良いと思います。斗蔵山では寺の裏手の杉を伐採しています。まだ途中ですが山から角田方面の展望良くなります。

Img_46671 Img_47312

2011年1月 7日 (金)

昨日は寒の入り

 TVで週末も寒さが厳しいことを言っていたので、福島県西会津町の天気小母さんで有名な鈴木さんの本を見ました。その方の本の一説に「寒(かん)に寒さ厳しければ夏暑い」との言葉があり昨年の冬の寒さと夏の猛暑を思い出してみました。夏は言うまでもありませんが冬は2月7日早朝に-16℃を記録しています。気温変化のグラフは気象友の会の集まりの歳の話題として、私が依頼したもので仙台管区気象台で作成したものです。なぜこんなに下がったのか説明してもらったのですがあまりわかりませんでした。夜中に急激に下がり一度上昇して明け方にもう一度下がる。あまりないパターンです。今年はどうなのでしょうか

Scan100033 Scan100142

2011年1月 6日 (木)

朝日を浴びて

 昨日の記事と同じ朝の写真です。光に向かい逆光ですが味わいがあります。日の出も撮ったのですが今回は良いものがありませんでした。蔵王も昨日の写真の時間から30分も経過すると素直な白です。オートなのでいくらか絞れるので全体的にピントが合ってきました。

Img_09318 Img_09487

2011年1月 5日 (水)

淡紅色の蔵王

 1月としては珍しく霧が出ていたので早朝の白鳥を見に行きました。前の記事にもアップしてしますがうすい淡い紅色の蔵王が見えました。このように色づくのは珍しいことです。蔵王は太陽の陽が当たり川面はまだです。なにげなくオートで撮ったため絞りが開放状態まで開き被写体深度浅くなり全体的にピントが甘くなりました。ISO感度を上げて絞り込めばよかったのですがオートで撮っていますのでそのときは気づかず後の祭りです。先日ISSの写真を掲載しましたが、JAXAに投稿したところ掲載されましたのでご覧ください。http://iss.jaxa.jp/iss/map/photo/2010/12/20101226_11.html

Img_0898

2011年1月 3日 (月)

岩岳からのQSOパーティー

 今日も良い天気になり、今年2回目の山は丸森の岩岳です。駐車場から30分ほどで山頂にいけます。一回りすると2時間かかるので山頂往復です。昨日からQSOパーティーもあり山頂からコーヒーを飲みながら1時間ほどで19局QSOしました。HFのコンディションは、SSNは昨年12月にはゼロの日が1週間ほどありましたが、今日は38、今月の平均は29でだらだらと上昇する予想ですが期待できそうもありません。そういえば100年に一度の減少はどうなったのか、サイクル24の今後が気がかりです。

Img_1 Img_2 Img_3

2011年1月 1日 (土)

天気予報がはずれ

 大晦日から暴風雪警報が出ていたため初日の出登山は中止となりましたが、朝は思いがけない良い天気となったため、食事を済ませて馬船峠まで軽トラックで行き尾根伝いに深山に行きました。私と同じ理由でこられた方など6人ほどと山頂でお会いしゆっくりとお話をしました。晴れてはいませんが風も無く蔵王も山頂まで見え、丸森の次郎太郎山は途中まで白くなっておりその高さまで雪、その下は雨だったようです。無線は、小笠原諸島からQRVしているJD1BLYが、2000年最後、2011年最初のQSOとなりました。

Img_1 Img_2

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »