フォト
無料ブログはココログ

2019年12月12日 (木)

カルマン渦

 今日は最高気温は朝に記録、その後は季節風が強まり寒くなりました。今日の記事の中でカルマン渦について記載しているのを見つけました。季節風が強くなると島の風下で渦ができます。

 今日は、韓国の済州島の風下にできていました。ひまわりの画像から

Photo_20191212214701

2019年12月10日 (火)

台風19号からまもなく2カ月

 10月12日の台風19号からまもなく2カ月になりますが、先日気象研究所 研究成果発表会が東京で開催され聞いてきました。その発表の一つに「台風予報改善のための研究最前線」でした。台風の進路予報は以前は3日まで、その後は5日(強度は除く)、今年からは5日後の強度まで含まれました。また、6月からは予報円が約20%小さくなり改善されました。

 新しいスーパーコンピューターの導入や予測技術の改善もあったようです。興味のある方は、気象研究所のHPをご覧になってください。

 写真は、同研究所のHPにある改善された予報円の変遷です。

 台風19号は接近のだいぶ前から予報があり、その予報通りに来て不幸にも被害が発生してしまいました。

Photo_20191210205201 Img_0438

2019年12月 8日 (日)

ひがしね地場産市

 長いもやゴボウの産地である東根地区の地場産市が開催されました。台風の影響があっていつもより作柄が悪いとのことでした。朝から地元の共同作業があり遅れていったこともありお客さんは少なくなっていました。開始早々はたくさんのお客様が来ていたとのことです。

 メインは長いもの箱入り、駐車場から会場まで少し離れていることもあり買ったお客様は一輪車を借りて車まで運びます。

Img_0448 Img_0449

 

2019年12月 7日 (土)

二戸市ぶらり旅

 先日、大人の休日倶楽部パスを利用して二戸市に行ってきました。昨年八戸に行った際に途中下車で寄れないかと思いましたがあきらめていました。二戸市には九戸城跡があります。豊臣秀吉が天下統一最後の合戦場となったところです。悲劇があった所ですが詳細は省略します。九戸城は平城で現在は何もありませんが少し気になっていました。

 案内の建物は12月になって休館、残念でした。仕方なく市内をぶらりと歩きました。4時間ぐらい歩いたと思います。台風後、腰が痛み、その後足に来ましたがこのくらい歩いても足に痛みがくなかったので山にも行けそうです。

写真は、何もない城跡、案内施設、展望塔からの城跡方面、駅前の展望塔となります。

Img_0294 Img_0307 Img_0350 Img_0353

2019年12月 6日 (金)

角田の夜明け2

 朝の天気が良ければスペースタワーの写真を撮りに行っています。良い条件はあと数日です。東側の山から日が昇る際に山の低いところからの登ること、昇る角度小さくないとだめなので少しずつ山の高いところに移っていきます。

 条件が悪いと全反射、とてもまぶしくて見れません。前後左右に移動しながら良いところを探します。露出合わせも大変です。

 良いものと悪いもの、こんなものです。

Img_5112 Img_5144

2019年12月 5日 (木)

阿武隈急行部分開通

 明日から阿武隈急行が部分開通します。夕方のテレビで試運転の様子が放映されていました。今日は水道のフリーの記者を丸森町の水道施設の被災状況を案内しました。その際にあぶくま駅も案内しました。架線を支える電柱も新調し架線が復旧したことによります。

 しかし、朝晩だけの運転なので午後から仙台で用事があっても朝から行かねばならずどうしようか迷うところです。

 現場を回っているときにカモシカに会いました。

Img_0383 Img_0358

 

2019年12月 3日 (火)

角田の夜明け

 12月に入り今だけの写真を撮れるようになりました。台山公園の上にるスペースタワーは山を除けば角田市で最初に日の出を迎えます。太陽が昇る方位角の関係で良いのは一週間程度です。撮れないわけではないのですが邪魔になる木などがあります。

 今朝は角が光り始めて終わるまで約3分、場所は半径5mと限られた時の限られた場所、数日はここから写真を撮ります。

Img_5022

2019年12月 1日 (日)

地質標本館見学会2

 日本列島立体地図に様々な映像を組み合わせることができます。列島地図は高さを3倍強調しています。様々な映像があります。主なものでは、高さを色で区分したもの、衛星写真を合わせたもの、地質図、活断層などです。

 地質図を見ると、紀伊半島や四国では中央構造線を境に地質が変わります。また、北上山地も南と北で変わります。このことから、日本列島の生い立ちがわかります。

 この地質図に、活断層を合わせると日本列島のひずみの構造も見えてきます。Img_0243 Img_0245 Img_0257

2019年11月30日 (土)

地質標本館見学会

 つくば市の産業技術研究所(産総研)内に地質標本館があります。今回、地図倶楽部主催の見学会があり行ってみました。ちょうど大人の休日倶楽部割引切符の期間と合ったこともありました。

 産総研の展示室と地質標本館は以前行っていますが説明を聞くこともないの特に地質標本館は流して見ていた感じです。今回は日本列島の立体地図とプロジェクセョンマッピングの説明がありますとのことでした。このような施設には説明員もいますが今回は館長と担当者の説明でした。

 聞いてみるとなるほどと思いました。最初はこれまで見逃していたものです。入ってすぐの天井に日本列島を下から見上げて、ところどころに大小さまざまな白い球がありますが、球は地震の震源地と大きさを表しているとのことです。

 次は活断層の説明、糸魚川、静岡構造線の中にあるもの、また地層の褶曲の説明でした。今日はここまで

Img_0233 Img_0239 Img_0240

 

2019年11月29日 (金)

最低気温記録更新?

 今朝の丸森のアメダスの最低気温は-5.7℃、これまでの11月としての最低気温は-5.6℃でした。このままいくと記録更新です。記録した時刻は午前6時27分、ちょうど白鳥の写真を撮っている時間でした。

 今日も、日の出のところに雲がありました。振り返ると蔵王がピンク色に染まっていました。週末の天気はまずまず、楽しみです。どうしても同じアングルの写真になってしまいますが我慢してください。

Img_3611 Img_4948

«寒い朝は